わたしの自己紹介

はじめまして。

30歳のちゃったマンです。

誰も興味ないでしょうが、一応、私がどんな人物なのか書いておこうと思います。

中学で落ちぶれる

小学校までは順調だったのですが、中学校で早くも脱落しました。

不登校児でした。

グれていたわけでもなく、無気力的なやつでした。

非常に規則が厳しい学校でついていけませんでした。

くるぶしソックス履いてて怒られたのは、今でも覚えてます。

謎でした。

通信制高校へ

受験の時期もゲームばかりして過ごしてました。

気付くと入試が終わってました。

今からでも入れるのは通信制だけということで、通信制へ。

人生どうにでもなれよと思ってました。

高校卒業したら、美容師にでもなろうと思ってました。

個性派やヤンキーばかりで気が滅入った

通信制高校は本当にひどいところでした。

入学式に妊婦もいました。学校に子供連れてきてたりとか。

16歳で母です。

結構なインパクト。

そんな中、私はヤンキーたちにいじめられないかビクビクしてました。

こんなところに居たら、一生ビクビクしてなくちゃいけない。

自分は個性派ではなく、普通の人間だと気づきました。

「普通の環境なら、のびのび生きれるはず。」

高校2年になるころに大学受験を決めました。

大学に入って人生やり直そうと思いました。

大学生活

晴れてMARCHの中の大学に入れました。

普通の環境を手に入れました。

ただ、ここでもなじめませんでした。

私はかなりいろいろな想いを抱えて、一大決心で大学入学を決めたのに。

まわりは、何の疑問もなく大学に来てる人ばかり。

遊ぶことしか考えてないやつばっかり。

大学には寄り付かなくなりました。

バイトばかりしてましたね。

就職活動

起業したいとか思ってました。

ただ、スキルもなければ、人脈もないただのガキ。

結局、就活をしました。

当時はリーマンショック後で不景気。就職はかなり苦労しました。

落ちる、落ちる。

結局ひっかかったのが、人材ベンチャーと証券会社。

「せっかくなんで新卒でしか入れなそうな会社行くか。」

そんな動機で証券会社に入りました。

某証券会社

数か月の研修

同期が500人くらいいて。

楽しかったです。大学で友達居なかった分、同期とは遊びました。

毎日酒飲んでばっかりでした。楽しかった・・・。

社会人1年目

やっと証券マンライフがスタート。

新規開拓は最悪でした。

暑いし、客できないし。

3か月くらい顧客ゼロで、退職を考えましたね。半分うつ病で、精神科通ってた。

そんな中4か月目くらいにようやく顧客ができた。そこからは結構とんとん拍子に顧客ができてきて、どうにか生き延びた。