あえて無駄な余白を作る

久しぶりに更新です。無理ない範囲でやってます。

今日は、「無駄」についてです。

相場の話は時間がかかるので、今日は軽いコラム的なやつでお届けします。

無駄をなくすライフハックが流行中

Twitterなんかみていると、お利口な人ばっかりです。

ライフハックで溢れてます。

  • 自動車は保有しない
  • 結婚式は挙げない
  • 婚約指輪もなしで、その分貯める
  • 保険は加入しない(またはネット保険)
  • 飲み会はなるべく断る
  • なるべく自炊する

一見合理的に見えることばかりです。無駄の排除です。

でも、なんでお利口なのにそんなに貧乏なんですかね。笑

私は上記とは正反対の人生を歩んできています。

  • 会社員時代に頭金ゼロ、フルローンで外車を購入
  • ご祝儀いただいても全然足りない、身の丈に合っていない結婚式(披露宴)
  • 保険は割高の対面保険
  • 飲み会皆勤賞(2次会3次会4次会どんとこい)
  • 外食大好き、自炊全くしない

こんな具合です。

これは金のない時代からずっとこうでした。

だから、20代前半は常に貯金はゼロ。

一見バカに見えますが、こういう無駄の連続が人生の伸びしろを作ったと思います。

若いうちに無駄な経験をたくさんすることで、世間を知る練習になりました。

バカやって10万、100万失っても、「まぁいいか、楽しかったし。」と思えるようになりました。

お金そのものには執着しないようになれました。

そして、お金で買える楽しみがどういう種類のものなのかも知ることが出来た気がします。

お利口になってはいけない

みんな少しお利口になりすぎています。

人生において一番味わい深いのは、「無駄。」な時間だってことを忘れてしまってると思います。

ヒロミのyoutube見てほしいです。

自分のガレージを持ち、車やバイク何台も持って、最高に楽しそうです。

「無駄。」こそが最高の贅沢であり、そこが人生の本質です。


「金持ちだから無駄な支出できるんだよ。」

こういう反論が聞こえてきそうです。

半分正解ですが、半分間違っています。

お利口なままで金持ちになるのは不可能です。

居酒屋で水で乾杯という伝説の方もいますが、ああいう人も、勝負するときはアクセル踏み込めます。

勝負で失う大金は何とも思わない人です。

とにかく、一見すると「無駄。」になる可能性のあるような、リスクの高い支出や投資をできる人間にしか、金持ちにはなれないのです。

前澤さんなんて典型ですね。

いろいろ繋がってくる

結局、人生は何が起こるかわかりません。

ただ、その、「何かが起こる。」というのは人との付き合いの中で起こるわけです。

だから、自分の好きな人、尊敬する人との濃密な付き合いは増やすべきです。

  • 結婚披露宴をすることで、出世が早まるかもしれない
  • 外車を買うことで、新たなコミュニティに属せることもあるし、会話も盛り上がる
  • 婚約指輪を買うと妻の機嫌がよくて家庭円満になるかも
  • 保険の外交員の人が新しい仕事をふってくれるかも
  • 飲み会で一生の出会いがあるかも
  • 外食で素敵な店をたくさん知ってれば一目置かれるかも

ちょっと強引ですが、こういうことだと思います。

特に、30歳超えて家庭を持ち始めると、仕事以外の付き合いってグッと減ってきます

20代がいろいろな人間関係を作るチャンスの時期だと思います。

積極的にいろんな経験をして、人生の幅を広げていくべきだと思います。

20代で節約しても作れる資産はせいぜい1000万やそこらでしょう。

あとからいくらでもぶち抜けると思います。

その可能性を広げるために金のことなんて気にせずやりたいことをやるべきです。

みみっちい生活して、小金貯めてる人では、人生変えるほどの資産を築くことは難しいと思います。

結局人生変えるには、思い切りも肝心です。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。