スマホを遮断できる時間を確保する

土日は最近考えていることを記事にしてみたいと思います。

今日はスマホ断ちについてです。

最近、情報を遮断する時間を毎日1時間は最低でも取るように意識しています。

非常にメンタルにとって大事なことだと思いますので、少し語らせてください。

情報過多

今の時代は情報過多だと思います。

Twitterで無料でいくらでも有効な情報が手に入ります。

FacebookやInstagramを見れば、娯楽になります。

Gunosy見ればいくらでも時間が経過します。AIが私の興味ありそうな内容をどんどん届けてくれます。

雑誌も読み放題、本も読み放題、音楽も聴き放題。動画も見放題。

お金なんてなくても、欲しい娯楽は何でも手に入ります

これは素晴らしいことである反面、ちょっとメンタルには悪影響が出ているなと感じます。

「大切なことがわからなくなってくる。(ブレてしまう。)」という問題です。

大切なことがブレる

情報のシャワーを浴びていると、ゆっくりと考える時間がなくなってきます。

それでも世の中は便利になっているので、問題なく生活が出来ます。

しかし、私は脳みその容量が多くありません。

大切ではない余計な情報をたくさん入れると、その分大切なことを脳から追い出してしまいます。

「で、どうしたらいいんだっけ?」

と思うことも多い。

そう思ってるうちに、そう思ったことも忘れて、別の何かを情報収集してしまったり。。。。

とにかく脳が休まる暇がないのです。

気付くと一日終わっている・・・・。

スマホを断ち、内省する時間を確保

そこで私が活用しているのが、スマホ断ちです。

私の場合はサウナとサーフィンです。

どちらも、スマホが持ち込めないというのが利点です。

脳みそを空っぽにして楽しみます。

そうすると、人生の優先順位や今一番対応すべきことなど、スッキリと霧が晴れてきます。

結局人生ってやる気次第ですから、そのやる気を保つために「プチスマホ断ち」をぜひおすすめしたいです。

人によっては瞑想などをする人もいますが、同じ理屈なのではないかと思います。

効果

実際の効果ですが、私の場合でお話します。

まず一つ目はアイデアが浮かびやすくなります。

普段気付かなかったようなことに気付いたりします。

「あ、あの人に連絡しよう!」

「あのアイデアを試してみよう!」

とかを思うことが多いです。

そしてもう一つはやる気が回復します。

デジタル機器なしでの楽しい時間を過ごした後は、無駄にモチベーションアップしていることが多いです。理由は不明です。

お金もかからない気軽なことですので、皆様もぜひ試してみてほしいと思います。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。