シラーPERは暴落を示唆?!?!

シラーPERの話をしたいと思います。

25倍を超えると割高で、株の暴落が近いと言われています。

現在は30.54です

ITバブルの時の次に高い水準です。(リーマンショックの前より高い。)

定義については以下を参照ください。

簡単に言えば、今の企業利益だけでなく、過去10年と、インフレ補正も加味したうえでのPERということになります。

  • PER = 現在の株価 ÷ 1株あたり純利益
  • シラーPER = 現在の株価 ÷ 過去10年間の1株あたり純利益の平均値

(※シラーPERは、純利益のインフレ補正(インフレ率での調整)が必要)

過熱ではあるが…

相場が過熱してきているのは確かなようです。

「PERが高いから株は危険じゃない?」

「シラーPERで見るともっと高いよ?!?!明らかに危険なような…」

こういう話を友人とかからされることもあります。

では、今は高いから売りなのか?

私はそういう投資法は一切取りません。儲からないからです。

25倍はいつから超えている?

シラーPERを投資に活かすとどうなるでしょうか。

以下はS&P500とシラーPERを並べた図です。

過熱と言われる25倍を超えだしたのが、2014年あたりです

そこからS&P500は5年で1.5倍になっています

あの時期に株が売りだなんていうのは的外れもいいところです。

ようやくストレスなく株が儲かりだした時期でした。

割高だから投資は控えるなんて言ってては儲けられないのです。

割高なのを認識しつつ、お祭りにはしっかりと参加していくのが私のスタイルです。

解散は早めにすることを心がけないと大怪我しますが。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。