SPLK スプランク決算 サブスクシフト好調で10%高

スプランク(SPLK)

2020年Q3の決算についての記事です。

マシンデータ解析の企業

スプランクはデータ解析の会社です。

ビックデータが膨大になってきている現代ではこの企業の重要性は増しています。

わかりやすい説明はこの動画を見るとわかりやすいです。

2020/Q3決算

株価は急上昇です。新値目前。

  • EPS(Non-GAAP) $0.58 予想+$0.04
  • 売上 $626.3M (+30.2% Y/Y) 予想+$22M

サブスクシフトが順調とのことが好感されたようです。

複数の証券会社が目標株価を引き上げました。

(ジェフリーズのアナリストは目標株価を 157 ドルから 165 ドルに引き上げ。UBS のアナリストは目標株価を 150 ドルから 158 ドルに引き上げ。)

この分野は需要が減ることは考えにくいため、下がったら買うというシンプルな対処を心がけています。

今までは決算のたび失望売りを繰り返していました。そのタイミングで下げ止まりで買いを狙うという投資法が非常に有効な銘柄でした。

今回は急騰ということで、レンジ抜けしてきそうですね。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。