家賃半分にしたら、めっちゃ病んだ私の経験談

Twitterで見かけた書き込みで以下のようなものがありました。

これは、本当、嘘ばっかり言ってめでたいなと思いました。

逆に心荒んできますよ。私の体験談をお話ししたいと思います。

結婚前は常時貯金0

私は独身の時でも年収1000万くらいもらってましたので、お金には困っていませんでした。

でも、ボーナス含めて毎年全て使い切っていました。(何度か消費者金融にもお世話になりました。)

将来のことなんて考える意味もわかりませんでしたし、「明日のことは明日の俺が何とかしてくれる。」と本気で思っていました。(今思えば若くてアホです。)

これはこれで、楽しかったです。

心は豊かだったと思います。

結婚を機に生活レベルを落とす

結婚して、妻の妊娠を機に、生活レベルを落とす決断をしました。

貯金をしなくては子供の教育やら、いろいろなイベントに対応できないからです。

手っ取り早いのが家賃でした。

以下のように変えました。

都内の家賃19万(駅徒歩2分、築3年)⇒ 郊外の家賃7.5万、通勤1H(駅徒歩20分、築30年)

単純にこれだけで月10万貯まる計算です。

実際問題、月10万貯まりましたし、最初の1年くらいは大して不満もなくやれた気がします。

徐々に荒む心

しかし1年を過ぎたあたりでしょうか。

家が古いので服がカビたり結露がひどかったりと不都合が出始めます。

雨が降ってもタクシーが捕まらず、20分傘をさして歩く・・・・。風が強い日はスーツはびちょびちょ・・・・。

また、SNSをみると友人たちは結婚して家を建てたりして、超リッチに生活しています

満員電車に乗りストレスをため、帰ってきたら家で蚊に刺され、気を抜くと服にカビが・・・・。

お金が貯まるのと比例してストレスも溜まっていきます・・・。

家で発泡酒を飲みながら、「なんで俺より年収低い奴らが贅沢してんのに俺はこんなに我慢しなきゃいけないんだ。」と愚痴をこぼす。

そんな日々・・・。カッコ悪いです。金に心をむさぼられています。こんな思いをして貯めるお金なんて、無価値に等しいでしょう。

引越しを決意

そんなこんなで、「今を大事にしたい」と思い、再度生活レベルを戻しました

当時よりお金もあるんで、当時くらいの家賃ならいいだろうってことで、郊外ですが16万払っています。

今はすごく満足した生活になって、愚痴をいうこともなくなりました。

妻も私の機嫌が常に良いので引っ越してホッとしていると言っていました。

一度レベル上げて、再度下げて、幸せな人を募集

叙々苑行ってた人が、牛角で幸せ感じれますかね?

3LDK最上級マンション住んでた人が築30年ボロアパートで幸福感じれますかね?

ありえません。一人も聞いたことないんですが。

安い家賃や安い食べ物で満足できる人は、高いものに慣れていないだけです。

本能的に鋭いので、

「低いレベルでも満足だし、ここで満足していたほうが苦労がなくて幸せかもしれないな。」

と直感でわかるのでしょう。

それもそれで素晴らしい才能です。

ただ、基本的には、質の良いものを知らないだけです。

私も今後なるべく、「質のいいものを知らないように。」努力していきたいです。

ただ、知ってしまった分に関しては仕方ないので受け入れていきます。また心が荒んでも嫌なので。

問題の本質は、人間の欲望に限りがないということなんで、

「生活レベルは上げすぎないほうがいい(身の程はわきまえたほうが良い)」くらいが正しい表現でしょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。