全面高!

銘柄についてはどれも上がっていましたので割愛します。

とりあえず久しぶりの21000円見れてうれしいです。

この一か月は何だったんでしょうか・・・・。(下の囲いの中・・・。)

これだからよくわかりません。

出来高がドンドン細る割には値持ちがよかったんで、まぁそういうことですよね。

売買代金1.4兆円は本当ひどかったです。

材料の判断について

最近ヒシヒシと思いますが、政治的な材料から相場の方向を判断するのは危険だと思います。

例えば、最近の材料は以下の3つかと思います

  • 米中貿易摩擦が激化
  • イギリスのEU離脱
  • 香港のデモ

軟化したら買う、激化したら売るというような動きが一般的です。

ただ過去を振り返ってみるとそれでは全然勝てません。

それの最たる例がトランプ就任当日です。

2016/11/06

トランプ就任が決まった日(2016/11/06)、日経平均は1000円ほど下落しました。

ほとんどの専門家が、トランプになったら株は暴落すると言っていました。

実際そのようになり、相当憂鬱な気持ちだったのを憶えています。

ただその晩のNYマーケットから強烈な上昇相場がスタートしたのです。(2年間続きました。)

赤い印の、長い下髭がそこです。

(当時と比べると本当に出来高が少なくなっています。)

ということで政治的な材料に一喜一憂して未来を予想するのではなく、いろんなシナリオ考えてどれがきても対処できるようにしたいです。

一番困るのは全く動きがないことですが・・・(-_-;)

資産が億に到達するのは何年後かいな~

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。