バリュエーションって結局なんだ?

今日の相場

中小型株

ブシロード、HEROZなどが上値をとってきています。

(バンクオブやシェアリングなども高かったですが、マネゲ感が強いですし、100億以下なので・・・・。)

日米ともに地合いの改善を感じますよね。

Twitterではバブルという声もチラホラ。

これでバブルだったら乗れてなすぎて精神を病みそうです。。。

米国株

米国株についても

OKTA

SHOP

などの人気株が高値を取ってきました。

確実に地合いがよくなっているのを感じますね。

梯子外さないでいただきたいものです・・・・。笑

バリュエーションについて

最近話題のバリュエーション。

結局、適正値ってよくわかりません。地合いによって変わってきます。

PERPERと言いますが、そもそも利益を出そうとしてない段階の会社はPERでは測れません。

PSR(株価売上高倍率)で測ろうとしても、これも難しい。

Kudanの100倍と、PKSHAの60倍。この妥当性を理屈で説明できるものは、ないと思われます・・・・。

PER(株価収益率),PSR(株価売上高倍率)売上成長率、営業利益率など色々総合的に見ていくしかないわけです。

そこで一応目安に面白いかなと思ったのがこのSBIのレポートです。

40%ルールとバリュエーションの関係性に関する考察 (https://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/stock/market_report_bs_190617_014003.pdf

最近いきなり新興バブルで高バリュエーションになっているわけでなく、JPX400採用銘柄の過去4期においても売上高成長率+営業利益率が高い会社は高バリュエーションが許容されてきているという内容です。

参考になる内容かとは思います。

今いろんな高成長企業がかなり売られていますが、買いなのかどうか・・・・。私はこのレポートのように考えて保有をしています。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。