リユースの好調について(マーケットEなど)

今回の決算で気になったのがリユース関係の好調決算です。

好調だった2社ですが、

いくつか簡単に振り返ります。

マーケットE

決算

本決算でしたが、とてもよかったです。

売上、経常共に会社予想を上回る着地。しかも、5月に上方修正してきたのにそれをも上回ってきています。

今期予想も手堅いです。

売上20%増近く、経常で30%増の今期予想なわけですから、控えめに言っても絶好調です。

ビジネスモデル

ビジネスモデルは極めてシンプルです。

専門サイトで買い取ったものを自社EC・ヤフオク!・楽天・eBayなどインターネットを通じて販売。

医療機器、建機、農機具など、メルカリなどで売買しにくい(不安が大きい)もので伸びているのだろうと推測されます。

ただ正直なところ、ビジネスモデルがありきたりな、簡単な転売であるため、利幅は時代と共に縮小していくとも感じます。

シュッピン

決算

こちらも1Qから売上進捗22.3%、利益はなんと33.6%の進捗。

昨年同期比でも極めて順調。

ストップ高から高値圏でもみ合っています。

ビジネスモデル

腕時計、カメラ、高級筆記用具、ロードバイク。

高級品特化のリユースです。わかりやすい。

メルカリでは取引しにくい商品ですよね。

マーケットEと似た部分があることが推測されます。

高級品(高額品)リユースが好調

リユースと一口に言っても、ハードオフなどはまだまだ好調とは言えない状況です。

ガラクタ扱っててはダメということですね。

高額商品を取り扱っていて、安心して売買できる仕組みを提供している会社であれば、国内でもまだ伸びそうですね。

メルカリの利用者が、低所得層が多いことからも、競合しなそうです。笑

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。