7/17 お久しぶりです

旅行いってたりしてブログとtwitterを完全放置していました。

今日くらいから真面目に取り組みたいです。

日本市場

さてさて、日本の相場は相当メンヘラでついていけません。

今回の決算も

  • RPAホールディングス
  • チームスピリット

を大被弾しました。

  • リックソフト
  • ロゼッタ
  • サバワ
  • SanSan

はまぁまぁよかったのですが、どれもその後の値動き的にはイマイチで、今回は完全に負け戦といった感じです。

5月に儲けて調子乗ってた利益が7割くらいなくなった

振り出しに戻る・・・・。( ;∀;)

米国株

自分はもう日本株半分諦めつつありまして、米国株ガチホな作戦に移行するかな~って感じです。

  • WDAY
  • TEAM
  • CRM
  • TWLO

などなどです。

米国株はガチホしてりゃ全部含み益な状況です。

SPLKなど一時期含み損になってましたが、1か月もせずに利食いになってきました。

(ちなみに、SPLKは利食いしました。)

あとSQやFB、AMZNも生涯保有分以外は利食いしました。

なにやらバブルのにおいがすごくて、このままアメリカ株が上に突っ走って、最後に感度悪い投資家が掴まされて、下落相場に入っていくのかなと勝手に想像はしております。

日本株はもうダメかな・・・・。

とはいえ、今回のリセッションに関しては、事前に日本などは織り込んでいるため、早めに突入してソフトランディングな可能性は結構あるかもしれません。

まぁよくわかりませんので、現金比率高めていくしかないでしょう。

保有ゼロはあり得ない

リセッションに対する考え方として、たとえ99%リセッションがあるとしても、持ち株全部売るとかはありえません。

持ってないとわからないこともあるし、下がるとわかっていても保有しておくと決めている分はあるのです。

むしろ持っていることで、次の買い直しタイミングがわかる部分もあります。

高値で売れることも大切ですが、それ以上に、安いタイミングでいかに多く買えるかが大事だと考えるわけです。

高値で売れても、買い直しがへたくそで再度損切、損切りしたら上がっていくのでは意味がありません。

あまりジタバタせずに上がるにつれて現金比率を高める(ポジション落とす)、下がるにつれて現金比率を落とす(ポジションを増やす)という基本を徹底していきます。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。