高くなると欲しくなるのは当たり前で正しい反応である

上がりだすと買いたくなるのはごく当たり前で正しい反応

という話をします。

今日はものすごく当たり前の話をしますので、ベテラン投資家の方々は何言ってんだって話だと思います。

ただ大事な話です。

株の基礎①安く買って高く売る

株の基礎は逆張りだと思います。

シンプルです。

安く買って高く売る

これが基本になります。当たり前です。

買う値段が安ければ安いほど、安全になります。いつか助かる可能性が上がります

株の基礎②安くなるともっと安くなる、高くなるともっと高くなる

しかし、これが株の難しさ。安いものを買うと含み損になるんです。

株はトレンドが続きやすいです。

上がるものはどんどん上がり、下がるものはどんどん下がることが多いです。

このことから、逆張りで安く買おうと思ても、一般的に逆張りは含み損が出やすいです。

下がっているものを買うのに、何が根拠でトレンド転換を当てれるのでしょうか?魔法使いでもなければ難しいですよね。

安くなってるということは安い値段でも売りたい人が居る状況なわけですから、さらに下がるのは自然な流れです。

人間心理の基礎:待つ時間は長ければ長いほどつらい

逆張りは、待ちの投資です。

いつ上がるかなんて全然わからなくても、ぐっと含み損のまま耐えるんです。

利益を得るまで待つのは大変です。

利益を取れるまでの時間は短ければ短いほどストレスが少ないです。

逆に長ければ長いほど、ストレスが大きいです。不安も大きくなります。

何があるかわかりませんから。大地震があるかもしれません。それでも待つのだから大変です。

上がると買いたくなる=早く利益が取りたい

上げトレンドを買うということは、買った瞬間に含み益が乗る可能性が高いということです。

そういう手法も実は有効なんです。特に短期トレード(デイ・スイング)。

利を伸ばすのが大事な株式投資ですが、順張りの場合は早めに降りることも大事になってきます。(=損切や撤退が大事)

順張りしたにもかかわらず思うように伸びてこないのは、基本的に全て危ないわけです。

順張り自体をハイリスクな投資と認識し、しっかり撤退できるようになると、だいぶパフォーマンスも安定してくるのではないかと思います。

「逆張りで含み損を耐えるストレス」の代わりが、「順張りでの素早いロスカットを耐えるのストレス」になってくるのかなと思っています。

結局ストレスの多い作業を通らないと儲からないのは言うまでもありません。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。