私の住宅遍歴

どうも、HAYAちゃんです。

引越しが決まりました。

仕事のオフィスも場合によっては移すかもしれません。

今日は家についてお話させてください。

私の住宅遍歴

私の過去の住宅の遍歴を振り返ってみたいと思います。

20代前半

家賃補助が7割出ていました。

本当に福利厚生面では優良企業だったわな・・・。

そんなこんなで、何も気にせずにオシャレなマンションに住んでました。

  • 新入社員(大阪)

家賃9万円の1K(築浅デザイナーズマンション)

  • 3年目(東京)

家賃13.5万円の1LDK(新築アパート)

  • 5年目(東京)

家賃18万の1LDK(高級賃貸マンション)

家賃上限など決まりはあったものの、自己負担はどの場合も10万は切っていました

本当に会社のおかげで贅沢させてもらいました・・・。

徐々に家賃あげていっているのが、典型的なやつでちょっと笑えます

20代後半~現在

会社では年俸制になり、家賃補助などはなくなりました。

結婚したこともあり、将来の為にお金を貯めなくてはいけません。

贅沢三昧だった自分にはつらいですが、断腸の想いで家賃を半分にしました。

  • 7.5万の1LDK(築30年、駅徒歩20分)
  • 通勤片道1時間
  • ダニに悩む
  • カビに悩む
  • 虫に悩む

本当、よく我慢してました・・・・。

会社を辞めて、経済的に余裕ができた今でも、節約をかねてずっとここに住んでいます。

ついに引越しへ

そんな私ですが、遂に引越しを決めてしまいました。

家賃は16万なので2倍。

まぁでも家族もいるし、「このくらいは仕方ないかな?!?!」とも思っています。

夢だった部屋から海が見える物件なので、とてもうれしいです。

これからもしっかりと頑張っていこうと思います。

 

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。