6/3~6/5 ジェットコースター相場 暴落で買うのか暴落で売るの

いやはや大変でした。

6/3 米国市場

きつい下げ。米国政府による独禁法の絡みですね。

大型

  • AMZN アマゾン・ドット・コム -4.64%
  • FB フェイスブック -7.51%
  • GOOGL アルファベット クラスA -6.12%

小型

  • WDAY ワークデイ -6%
  • TEAM アトラシアン  -6.82%
  • OKTA オクタ -3.7%

真っ青です。

皆さん暴落に備えていろいろと売りを入れたりしていたみたいですが、ここから入れるのも怖い水準でしたので放置で対応。。。

6/3、6/4日本市場

完全に見てるだけでした。

買うにも売るにもわからず、地蔵状態。

トビラシステムズの9000円割れとか

カオナビ7000割れとか

拾ったら儲かるとわかっててもああいうときって拾えないです。

そんなこんなんで保有を見守るだけになってしまいました。

ある程度中長期で考えられるならあそこは買わなくちゃいけないところだったと思います。

まだまだだめです・・・・。

暴落で買う人、暴落で売る人

暴落時に投げる人が多いと思います。

私も昨年の12月にかなり安値で投げたことがいまだに記憶にあります。

一方であの時期に私が投げた株を買った人もいるわけです。

どういう人があそこで買っているのか、冷静に判断していきたいです。人の逆、人の逆。意識していきたいです。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。