【人生初の人間ドック】投資家の健康管理について

どうも、HAYAちゃんです。

激しくご無沙汰しております。

今日は人間ドックへ行ってきました。

ちょっと健康についてお話をしてみたいと思います。

会社員の場合はあまり気にしなくてよい

会社員時代は健康についてなど考える必要はなかったように思えます。

月曜日~金曜日は規律よく早起き通勤列車で体力を使います

広いオフィスを行ったり来たりするかもしれません。

酒を飲んでも、翌日は起きなくてはいけないので深酒はできないです。

毎年の健康診断

万が一働けない病気にかかっても、前の会社であれば傷病手当金が一年半ありました。

タバコを吸う人は多いものの、生活の規律もしっかりしていて、制度的にも充実してますので何も考えなくても健康の維持は容易でしょう。

個人投資家の健康問題

ところが個人となると話が変わってきます。

自主的に動く必要が出てきます。

基本9:00~15:00まで椅子に座っている人がほとんどでしょう。

健康診断などもあまり行かないのではないでしょうか。

別に翌日の相場を半日休めばいいやということで、深酒もしやすくなる気がします。

アウトドアな趣味でもあればよいですが、そうでないと体力は衰える一方です。

自由で自立した存在というのは楽しい反面、自分で規律を整えていく必要があります。

多方面で自立

病院なんて大嫌いだし

採血でぶっ倒れたことあるし

鼻炎持ちだし

指にイボ結構あるし(関係ない

治すべきところ山積みな感じなので、健康にも気を使っていこうと思います。

今死んでしまったら、子供や妻に責任が持てない状況です。

健康でいることも関係する全ての人にご迷惑をおかけしないことに繋がるのだと、そう考えています。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。