仮想通貨の今後の見通しとバブル論

HAYAちゃんです。

「仮想通貨ってもう助からないの?」

数人からこの質問を受けたので自分なりの見解を示しておこうと思います。

もちろんあくまで私なりの見解であります。外れるのが当たり前なのでご容赦ください。

仮想通貨の現状

チャートはこちらです(対ドル)

1年間安値更新し続けています。

ひどいもんです。

ITバブル

こういうのを予想するときは過去のバブルを参考にするとよいかもしれません。

直近で一番思い出に残っているバブルは2000年のITバブルでしょう。

当時はナスダックのPERは65倍まで買われていました。(現在は実績ベースでも22倍

現在の3倍の水準ですから、バブルだったのがわかると思います。

2000年にNASDAQは5000ポイント。

2015年に再度5000ptを回復。

回復には15年かかっております。

現在でPER20倍ですから、利益を伴って、実績で高値を抜いてきたということです。

仮想通貨もバブル

「仮想通貨自体なくなってしまうのか?」というと答えはNOでしょう。

ただ単にバブルだったということでよいかと思います。

ならば、ITバブルと同じように回復には15年くらい見る必要があるかもしれません。

ただ逆に言えば、15年あればまたいずれ、高値近くまで行く可能性があると思います。

ちなみに、仮想通貨は、通常よりも早い周期で動いているという説もあります。

もしかすると5年くらいでもう一度相場が来る可能性もあるかもしれません。

おまけ:バブル崩壊と暴落

バブル崩壊においては回復に15年を要すといいました。

ただ、通常の景気サイクルの中での株価暴落であれば5年程度で回復しそうです。

リーマンショックのとき、S&P500は5年で最高値を回復しています


今年は株価の暴落論が多いです。

実際下落に備える必要があると思います。

ただ安いところを買えなければいつまでたっても儲かりません。

「過去の暴落を振り返ると、買って仮にもっと下がったとしても助かる場合が多い」

ということも覚えておきたいと思います。

相場が悪いと安値で投げたりしがちですが、人がぶん投げたものはしっかり拾っていける投資家になりたいです。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。