思い込みは禁物

ちょっと前の話です。

たまには株式の値動きの話をしたいと思います。

まずは下の画像をご覧ください

縦に区切りがついているのが、半日です。

買うまで

私はこの銘柄をずっと買いたいと思っていて、下落トレンドが終わったのを確認して買おうと思いました。

①の時点で、出来高が増えて下髭つけつつ反発してたので、買いたい欲が出てきました

でも、まだ下落トレンドが終わったかどうか不明なのと、押し目を待ちたいのでスルーしてました。

①・②・③と押し目という押し目なく、一日半が経ちました。

③の日の朝の出来高と陽線を見て、「完全にトレンドが変わった」と確信しました。

2日目の午後にようやく押し目が来て、6,200円で買いました。

買ってから

6200円で買うとすぐにまた上に上がっていきました。

押し目を買ったにもかかわらず、含み損を見た時間はゼロ

ノーストレスでした。

ず~っと深い押し目もなくスルスル上がっていきました。

で、最後のほうにはもう、

「強い、強すぎる、下がる気がしない!!」

と完全に慢心していました。

7000円をなかなか超えないときに

「あれ、弱いかも?」

と思いました。

普段であればそういうときは即利食いなのですが、今日は慢心してました。

「いや、ここで揉んでから上に跳ねてストップ高かもしれんぞ。」

冷静な判断が出来ていませんでした。

もう、こう考えだしたらすでに負けているんですよね。w

下落が始まる

しかしチャートを見てわかるように急落。

売ったのは6700円を割れたところで、泣く泣く利食いしました。

自分が冷静であれば、6900円で売れたと思います

相場がよかったのもあり、完全に慢心していました。

別に一回売っても置いていかれればそれはそれでいいのです。

欲が出て、慢心し、油断しました。

教訓

株で思い込みは禁物ということです。

上がる可能性が90%と思っても、逆も想定する。

自信ありすぎるときほど、落とし穴あり。

ただの自戒です。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。