ちゃったマンのアルバイト遍歴~バックレ常連~

どうも~ちゃったマンです。

私は新卒で入った証券会社を7年続けました。そういう意味では割と気合と根性があるほうだと思います。

ただ、それはたまたまであります。

実は、学生時代のアルバイトは散々でした。

この話は結構ウケるので、私のアルバイト遍歴を話しておきたいともいます。

その1:コンビニ 16歳

中学を出てすぐコンビニで働きました。

しかし半年ほどでほとんど行かなくなってしまいました

理由

本当にダメ人間です。

まず、単調すぎて時間が過ぎるのがとにかく遅いんです。

もう、面倒で面倒で。

仕事ができる人品出ししたり、商品の整列をしたり掃除したり、いろいろとやってたみたいなんです。

でも私は何をしたらいいかわからなかったので、やりませんでした

で、一日中レジで突っ立ってました

陰で、「あいつは使えない」と言われてたりもしたようですが、行動を変えることはできませんでした。

「変にでしゃばっていろいろやって失敗するのも怖いなぁ。」

そんな気持ちでした。

そんな中、最悪な事件が起きました。

私はよく、暇つぶし犯罪者に当てるカラーボールをいじってたんです。

こんなやつです。

そしたら、案の定落としちゃって、レジの中が一面オレンジ色になっちゃいました。

「アホかお前は!!」

と怒られました。

で、気まずくなってやめました

その2 ピザ配達 16歳

原付の免許を持っていた私は、ピザ配達のバイトをやりました。

当時はスマホもなかったため、地図を手にもって配達に行くんです。

夜、道が暗い中とにかく迷いまくりました。

何度も配達を遅延してしまい、怒られまくりました。

もうとにかくメンタルがやられました

配達できるかどうか、不安で不安で仕方なかったんです。

極めつけの事件がありました。

その日も辛いながらもピザを配達していました。

その日はちゃんと遅延せずに配達が出来ました

ほっとしていると、お店から電話がかかってきました。

唐揚げが入ってないってクレーム入った。入れた気がするけど、そっちに残ってないよね??

配達のバッグの中を見ると、冷めた唐揚げが入っていました。。。

「やってしまった・・・セットの唐揚げ渡すの忘れてしまった・・・」

テンパった私は

「いや・・・ここにはないみたいですよ。」

嘘をついてしまいました

「どうしよう、どうしよう、どうしよう、、、」

嘘をついてさらにテンパった私は、なぜかおもむろに一つ自分で試食し、残りをコンビニのゴミ箱に捨てて帰ってきました

お店に帰ってきて、カラになったバッグを先輩がみて、「唐揚げないなぁ・・・おかしいなぁ・・・・」と首をかしげていました。

その場では怒られずに済んだものの、明らかな嘘つきである私への風当たりは強くなりました

結局はすぐに辞めました

もう辛くて辛くて、辞めました。

人間追い詰められすぎると、嘘つきになるみたいです。w

その3 ラーメン屋(一〇堂) 19歳

時給がよかったので働きました。

ただ、3か月で辞めてしまいました。

理由はもう単純に

「忙しすぎて辛い」

「声出しが恥ずかしい」

ということでした。

人見知りだったので、大声で

「いらっしゃいませぇええええ!!!!」

とか言えなかったんです。w

その4 個別指導塾

初めて熱中してできた仕事です。

2年間続きました。

真面目にやりましたし、評価もそこそこしていただき、そこそこの役割を果たせた方なのかなぁと思います。

まとめ

バイト遍歴を見ると、本当にダメ人間です。

私みたいなダメ人間でも就職して7年続きました

やっぱり仕事というのは相性も大きいです。

同じ接客でも、

  • 低単価商材一日に何十人と接客するのが得意なのか
  • 高単価商材一日に1~2人の接客が得意なのか

全く別物なのであります。

私はとにかく前者の数をこなす接客・営業が苦手だったみたいです。

自分の輝けるフィールドなら、誠実にもなれます。

自分が輝けないフィールドだと、嘘ばかりついてしまいます。

人間はどちらにも転ぶんだと思います。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。