勝つ投資 負けない投資 片山晃(五月)

どうも、ちゃったマンです。

年初の目標に読書を掲げていましたので、どんどん書評していきます。

前回は短期トレーダーのCISさん。(参考:一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

今回は、ファンダ投資家として超有名人の五月さんの本です。

こちらは、投資の内容にかなり踏み込んでいます。株をやらない人にはオススメできません。

インデックス投資含めて、投資をやる人にはぜひ読んでほしいです。

いくつか心に残ったポイントを羅列していきます。

かつではデイトレーダーであった

今でこそファンダ投資家として有名な五月さんですが、かつてはデイトレーダーだったそう。

ただ、地合いのいいときは勝てるが、地合いが悪くなると勝てなくなる、いわゆる一般的なトレーダーだったようです。

そこでデイトレードに限界を感じ、ファンダ投資家になったとのことです。

デイトレードってセンス才能と訓練の部分が多いです。

短期トレードで挫折を感じたような人は、参考になると思います。

株式投資で儲かる3パターン

この分類は参考になりますので覚えておきます。

  1. 優等生が100点満点を取り続けるパターン
  2. 優等生が期待はずれの点数を取ってしまうパターン
  3. 落第生が期待以上の点数を取るパターン

株での儲けは、上の3つに集約されます。

ピカピカの株を狙っているのか。

ボロ株狙っているのか。

そこの区別は大切だということです。

当然3番のパターンが一番値幅が出ます。ビックチェンジですね。

ただ、優等生狙いでも安いところを丁寧に買えればチャンスがあるということです。

自分が狙っている銘柄が、市場からどういう評価を受けているのか。

優等生なのか落第生なのか。しっかり考えて投資していきたいと思います。

適時開示はすべて目を通す

これは大変ですが大事なことです。

企業を知るうえでいろんなヒントが隠されています。

自分で読まずにニュースで中身を確認してしまうことも多いですが、それではほかの人と同じレベルでしか思考できません。

私もしっかり目を通していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。