積立NISAやIdecoの損を嘆く、都合よすぎな人たち

最近知人からよくこういう相談があります。

「idecoが損になっちゃった。やらなければよかった。」

「積立NISAがマイナスになっちゃってもうこれ以上のマイナス嫌だから売ろうかと思う。」

「株下がるよね?一回辞めて、よくなったら始めようかな・・・・。」

まぁ投資経験が少ないと気持ちもわかるけど・・・・

でもあまりに不勉強なうえ、あまりに都合よくない?

含み損なしで利益を得たい人たち

結局彼らのいうことを要約すれば、含み損は耐えられないけど、運用益は欲しいってことだよね。

ドルコスト平均法のような単純な投資で、含み損なしなんてあり得ないでしょう。

リスクリターンのうち、リスクは取らずにリターンを欲しいと・・・。

これはあまりに都合よすぎますよ。

そういう人はもう、一生金持ちになんてなれない。だって、勉強してないうえ、器も小さいんだもん。

細かいことグダグダ言ってないで続けてください。

ちゃんと毎月毎月買い増していくだけの簡単な仕事なのです。

私はそういうこと言う人とは投資の話は一切しないようにしてます。というかかかわらないようにしてます。

知識の問題は解決できるけど、器の小ささは死ぬまで治らないですからね。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。