必死な人3%未満説

株の世界では、「5%しか勝てない。」といいます。

これはビジネスとかでもそうだと思います。

勝者というのは、5%未満。95%は敗者。

こう考えると、厳しいように感じますが、実際そうではありません。

頑張ってないだけ

頑張ってる人が少ないから、案外、勝つのは簡単かもしれません。

20歳、30歳、40歳、50歳。

歳を追うごとに必死な人の割合は減っていきます

20歳のときは、50%の人たちが必死です。

30歳になると、10%くらい。

40歳だと5%切るでしょう。いや、3%くらいかもしれないです。

50歳でも必死で走っている人は恐らく、1%未満。

これは極端な数値ではないと思います。

私は何歳になっても、必死で1日1日を大切に生きていきたい。

突き抜けるっていうのは、そういう覚悟、そういう生き方だと思います。

もし、高3のときの受験勉強の時のように、仕事に必死で取り組んでたら、どうだろうか。

中3最後の部活の大会くらい必死だったら?

すぐに結果なんてでる。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。