「世の中甘くない」⇒「世の中意外に甘い」

生きていると言われるセリフの中に、「世の中甘くないんだぞ」というものがあると思います。

これは先輩や上司が、よく言う台詞です。

しかし、大人になってわかったことがありますが、これは間違っていると思います。

「世の中意外にみんな優しいし、助けてくれる。」

こちらが正しいと思います。

「世の中甘くない」という人の心理

「世の中甘くない」とか言う人って、どの程度世の中知ってる人でしょうか。

起業して2~3社潰したとか?自己破産したとか?転職繰り返してその都度クビになったとか?

いえいえ、違います!!そんな人はめったにいません。

大体は、転職すらせず、上司にゴマ擦って生きている人です。

世の中ろくに知らない、保守的でチャレンジ精神のない人ほど、「世の中甘くない」っていうんです。

チャレンジしない言い訳なんですよ。

で、他人にチャレンジされて、成功されるのが怖いから、「世の中甘くない」って言って回っているわけです。

チャレンジしている人で、世の中甘くないって言う人いないです。

そういう人はこういいます。

成功したら、

「チャレンジしたら、いい結果になった。やってみるもんだね。」って言います。

失敗しても、

「チャレンジして失敗した。でも失敗から学習して成長しているから、次は絶対にうまくいく。」ってね。

生き方の選択

結局は生きる姿勢の問題なんです。

「世の中甘くない。」と言いながら、我慢して自分を納得させながらリスク回避して生きるか。

「必死でやれば絶対にどうにかなる^^」と言いながら、毎日チャレンジして、必死で生きるか。

あなたの選択であって、誰にも邪魔させてはいけない!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。