正直者の希少価値②

以前ブログ記事に正直であることについて書きました。

正直者の希少価値

会社を辞めて1年が経ちますが、日に日に感じるのが、正直であることの重要性です。

「100%正直でいれているだろうか?」と日々自問自答するレベルです。

むしろ、「正直でいれば、食べていけるんじゃない?」

「世の中結構甘いかも?」と思い始めています。

「正直さ」で差別化

逆に考えると、世の中で驚くべきことは、90%は建前で溢れているということです。

正直でいるだけで希少価値のある10%になれます

これは向き合うべき現実です。

「自分には能力がない。人より劣っている。」

そう思う人は、ぜひ、正直になってみてください。

「能力が低いのに、建前も言えないようでは、ワーキングプアになっちゃうよ!!」

そう思うとしたら、それは逆なんです。

人っていうのは、みんな、本音が言いたいのを我慢してます。本音が言えると、人がついてきますよ。

本音でいるだけで、魅力がじわじわきます。

自営業者は、能力が低いが、正直に本音でいるだけで信頼されて生計を立てている人」がたくさんいます。

「正直であること、本音であること。」

来年もこれをモットーにやっていきたいです。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。