雇用は古い!!業務委託モデルの素晴らしさを語る!!

ちゃったマンです。こんばんは。

突然ですが、私はとある会社から業務委託を受けて、働いてます。

業務委託って本当に最高に無駄がない、シンプルで研ぎ澄まされた、最高のシステムだと思います。

そこについて語りたいと思います。

業務委託って?

業務委託の特徴をあげると、

  • 会社と対等に契約しているので、大体が完全出来高制(フルコミッション)
  • 仕事しさえすればいい出社など不要で、時間も自分で決めれる。)
  • 労働基準法などの対象から外れる(雇用されていないから。)

このような形です。

基本的に手に職がつくものは業務委託と相性がいいと思います。

最近増えているのが、美容師です。美容師を例に出して、どうして業務委託モデルが優れているのかをお話したいと思います。

業務委託 美容師の場合

働く側のメリット

まず、同じ仕事量であれば、当然給料が上がります。理由は、会社側のコストが下がるからです。コストの下がる理由は後程書きます。

またそもそも、独立して美容室を自分で作るのは大変です。家賃もそうですし、設備も高い。最初は借入をしないといけないかもしれません。借入はかなりのリスクです。

しかし、業務委託であれば、この問題を解消できます。

サロンを使わせてもらいながら、自分のお客様のみ接客できる

また、サロン内の無駄な人間関係とも無縁です。利害がありませんから、無駄な競争も起こりません。ドラマとかで見る、ドロドロした人間関係は無縁です。お互い利害のない、同業他社です。

時間も自由ですから、プライベートで外せない予定があればその時間に予約を入れなければいいだけです。家族との時間も大切にできます

会社側のメリット

まず、売上がない人には給料を払う必要がないので、コスト削減できます。

「労働者を守れ!売上がなくなったらどうする!」という考え方もあります。しかしそもそも、売上がないなら、美容師が向いていないということであり、その場合はさっさと他の仕事を頑張ったほうが本人のためです。

向いてない仕事を長くやっても、雇用者、被雇用者、お客様のすべてが不幸になります。

メリットの2点目は、優秀な人材が獲得しやすいです。美容師を最大限サポートし、高い報酬を払うことで、優秀な人材が集まりやすくなります。

最後に、顧客の満足度も上がりやすいです。自分の好きな美容師に必ず切ってもらえるうえ、ながら接客もなくなります。人気美容師が一気に3人くらいカットしているのを見ますが、あれは顧客として気持ち良いものではありません。

業務委託にすると、美容師も顧客を大切にするようになります。仕組がそうさせます。当たり前のことです。

今後について

金融業界でも業務委託が浸透してきていますし、この流れはほかの業界にもいくでしょう。

金融・不動産・IT・サービス業の分野は今後も業務委託になる流れが加速すると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。