当事者として必死にやるとなんでも楽しい

お久しぶりです。ちゃったマンです。

もうすっかりブログは飽きてしまって、過疎ってます。なんででしょうか。

今日は人生を楽しむコツについて考えてみたいと思います。

とある先輩

とある先輩がいまして、その人は元銀行員。

退職して、外資系の会社に居ましたが、やっていけず退職。現在はとある会社のバックオフィス業務をしていて、年収500万程度もらっているそうです。

事務系の仕事で500万の年収であれば、会社員としては上出来なのではないかと思います。

ただ、その先輩いわく

仕事飽きた。

総務的な仕事ばかりでイライラする。どうでもいいことは自分でやってくれと思ってしまう。

とのこと。

これはワガママのように思えます。

しかし、どうでもいい仕事だからこそ、他人にやらせたい人がいるわけです。自分でやるのが面倒だから。

「なんかやりたいことないかなぁ。」

こんなことばかり言って、10年経ったら最低です。

まず、稼ぐことにフォーカスしてみるのも手

やりたいことで悩むのは個人的にはナンセンスだと思います。

どんな仕事にもやりがいがあるし、やりながらしか本当の楽しさはわかりません

そういう意味で、必死になり切れず、毎日を過ごしている人は、まず「お金」にフォーカスしてみるのはどうでしょうか。

とりあえず、稼ぐことを目標にするのです。

世の中、楽に稼げません。給料の高い求人に応募すれば、ある程度辛いことは確実です。

辛いのは我慢する覚悟で、特攻するのです。「うつ病にならなければOK!生きてればそれでOK!」そういう気持ちで突っ込んでいきます。

仕事内容とか、条件とか無視。報酬のみで決める。

高い給与を出せるということは、そこそこ儲かる何かがあることの裏返しでもあります。

その会社で活躍できれば、次のステップがおのずと見えてくるのではないでしょうか。

年収500万の人は、まずは1000万。もらえるところに転職する。なければ、どうしたら転職できるか考える。

それだけでも変わってくるのかなと思います。

やりがいは、あとからついてくるものです。

必死で何かに取り組まないと、やりがいは永遠に得られないのです。必死になれることがないなら、せめて、お金稼ぎにまず必死になってみてはどうかと思います

やりがい・社会貢献などいろいろ大切なことはあります。ただ、ろくに稼がず税金も払っていないなら偉そうにできないと思います。たくさん稼いで税金たくさん払うのがまずは目先の社会貢献じゃないですかね。

そのうえで浪費せず、投資に回せたらさらにベストです。どんどん人生が好転していくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。