仕事やめて後悔する人、しない人

本日2記事目。

今月も1日1投稿やってます!!

ちゃったマンです。

後悔する人

ズバリ、言います。自分の価値観がいまいち定まってない人です。「辛いことを避けたい。」ただそれだけの人。

そうすると、給料の多さ少なさと、辛さを比較するだけになります。一生愚痴をこぼすことになります。

もちろん、「辛いことを避ける。」というのも立派な価値観です。ただ、それでも飯を食わないといけないのにはかわりはありません。逃げ続けるだけならひきこもるしかありません。

もう一つ必要なんです。やりたいことが。

「どうしたら、辛くなくて、かつ、お金も稼げるのだろうか?」

「辛いことを避けながら、お金を稼いで、楽しく生きたい。

こういう風に考える必要はありそう。「~したい。」の部分が超重要ってことです。

それがないと結局やめても意味がない。

軸とは

結局軸があれば仕事をやめてもうまくいくのでしょう。

軸とはなにか。それは、自分の人生で何が大切かしっかり定まっているということです。

私は結婚するまで軸はありませんでした。だから流れに流されまくっていました。辛くなくて、たくさんお金をもらえればなんでもよかった。

でも子供が出来てようやく軸っぽいものを見つけました

それは、子供にかっこいいと思われる生き方をしたいということです。

満員電車に揺られ、会社でペコペコ頭を下げ、居酒屋で愚痴をこぼす人生はちょっとあまりにダサいと思ったのです。

軸はなんでもいい

野球観戦が生きがいでも、サッカー観戦が生きがいでもいい。

なんでもいいですが、生きる理由、生きがいみたいなものがないといけません。

それを軸と呼ぶんだと思います。

あまりに軸がないなぁと思う人は結婚して子供ができたらかわるかもしれないです。

私もそうだったので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。