自分の人生、自分で選べ!!

こんばんは、ちゃったマンです。現在深夜2時。目が覚めてしまってブログ書いております。

突然ですが、皆さん。「人生、自分で選んでますか??」

「もちろん!!」って思うかもしれないですが、実はそうでもないのかもしれないと思います。

ちょっと私の人生を例に、人生の選択について考えてみたいと思います。

生まれてから、中学生まで

子供のころって、あんまり自分で選択してないですよね??

この世に生まれてきたことも、小学校に行き、中学校に行くことも。流れのまま。

こ選択というよりは、流れです。普通にしてたらそうなります普通にしてたらそうなるようなことをするのは、選択とは呼びません。それは、流れに身を任せていると言います。

高校は?大学は?専門学校は?

高校、大学、専門学校はどうでしょう。義務教育でもないですし、ここで初めて人生を選択してるかもしれません。

でも、これも選択とはいえない。結局いくつかの選択肢から選んでるだけだから。

あなたの周りの友達はどうでしたか?友達と同じような道をたどっているなら、それは選択したというよりは、流れに身を任せたというほうが正しいと思います。

要するに社会に出るまでは、大体の人が流れに身を任せて、多少の舵取りをしているだけなんじゃないかと思います。

東京大学行くのも日本大学いくのも流れの速さの差みたいなもんで、決定的な違いにはならないよ。

社会に出て

ただ社会に出ると明らかにかわってくる。

この辺から初めて、選択をするようになります。

「転職する」とか「独立する」とか、「副業する」とか。

「会社を辞めること」は明らかに流れに逆らう行為だからです。つまり少数派の選択をしているということ。

偏見込みで言えば、少数派の選択をしてこそ、初めて自分の人生になるのだとすら思います。

流れに逆らっていくこと。それが選択です。

世の中には「流れ」が存在する

世の中には「川の流れ」のようなものが存在すると思います。

いわゆる、普通の生き方。大学でて、就職して、カレンダー通りに働く。結婚して子供を作り、家を買う。ローンを返す。定年退職して死んでいく。

世の中にはこういう定番の川が流れている。

でもこの川の外れて、自分で歩く人も多い。それは結構大変だけど、すごくおもしろい。居心地のよい川を外れるから、危険も多いと思う。

でも個人的な考えと、経験からいうと、この川から外れた人にしか見えない人生がある。川をそれて自分で歩けば、絶景が見れるのかもしれない。

もちろん一気に外れるとリスクも多い。だから川の流れに流されながらも、外に出る準備をするのがいいんじゃないかと思う。

転職なのか副業なのかわからないけど。

今の人生が「なんか違う感」がある人は、何か外に出る準備を始める必要があるかも。

流れとは

流れっていうのは、偉大なる先人たちが作ってきたもの。

カレンダーの休日だってそう。誰かが決めてるわけで、その通りに働いてるってことは流れに身を任せているのです。

もちろん流れに乗ったほうが早く動けることも多いから、全部が全部悪いわけじゃない。

でも、川の流れって、当然だけど作った人に一番都合がいいように作られている

だからその通りの人生だと損しちゃうよ。大きなリターンが得たいなら、どこかで流れから外れる必要があります。

自分の人生、自分で選ぼうよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。