【書評】ブランド人になれ

また書評行きます。

ツイッターで超有名人のZOZOの田端さんの本。

結論としては、Twitterフォローしてれば読む必要なかったです。

私のブログはアフィリ目的ではなく、「言いたいことをいう&純粋に誰かの役に立てばよい」という目的です。

微妙なものは微妙とはっきり言っていこうと思います。

微妙な点

中身は普通

これは基本的に、自己啓発本すべてそうなので、いいのですが・・・・。

その中でも普通すぎるということです。

田端さんのtwiterはすごく有益なことが多いです。どうして書籍がここまで普通なのでしょうか・・・・。

恐らく、この人って、情報の取捨選択とかが上手な人なのだと思います。

音楽でいうと、作曲家というより、DJなんだと思う。

本人の考え方並べたら、ここまで普通かと、ひたすら驚きました。

ホリエモン、与沢翼、藤田晋などの本のほうがおもしろかったな~。

モチベも上がらない

中身が普通でも、超やる気がでるような本ならいいと思います。

ただ、特にモチベーションアップにもつながらない感じでした。

一応、共感した内容まとめ

せっかくお金払って読んだ本なので、内容をまとめておきます。

  • 汗水に価値はない
  • とにかく量をこなせ。 量が質を生む
  • 35歳までにヘッドハンターから声がかからないとヤバい
  • 武士は打ち首。 サラリーマンはノーリスク

この辺は参考になりました。

でも、この本で読まなくても、25歳くらいで普通に当たり前に感じていた価値観でした・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。