【脱サラデメリット】謙虚さを失ってしまった

どうも~ちゃったマンです。

私は会社員時代、上司とかに気に入られやすいタイプでした。

もちろん苦手な上司もいましたけど、、、

基本的に、「Yesマンに徹する」「すごいですねと言う」「いうことを聞く」

これが私の処世術でした。

自分でいうのも変ですが、私は昔、謙虚でした

常に相手をリスペクトしていました。先輩なのだし、自分に持ってないものを持っているはずだと考えていました。

脱サラ後・・・・

とにかく、わがままで嫌な奴になっている気がします。

現在、誰かの下で働くということが嫌で嫌で仕方がありません

なぜ、自分より優れているかどうか不明な人にペコペコすると思うと震えてきます・・・・。

早く生まれたとか、早く入社したとかって、自分よりすごい理由になりません。

とにかく人の指図なんて絶対に受けたくない。

せっかく自由を手にしたのに手放したくないですね。

絶対にもとに戻りたくないです。

ワガママな自分のままでいるためには

もし稼げなくなったりしたら、また誰かの下で働くことになるでしょう。

そのときは相当苦労すると思います。

想像するだけで震えてきます・・・・。

一度失った謙虚さは、もう取り戻すことはできないでしょう。

攻め続けるしかない、それが脱サラです

物理的には、また就職して働くのも可能です。

ただ一度住む世界を変えて自由な世界にくると、元に戻るのは相当難しい。

  • 誰かに指図される
  • 毎日遅刻できない
  • やりたくないことをやる
  • やってもやらなくても給料が変わらない

こんなの絶対に我慢できない・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。