【汚い話】カネと女と会社について

会社辞めて、とにかく女性との接点がありません。

こんな話をここですると、軽蔑されるかもしれません。

本音100%宣言をしてますので、隠すことなく語っていきたいと思います。

会社員のとき

私は以前、会社員時代にこんな記事を書いていました。(なんと1年半前の記事でした。)

【証券色恋シリーズ】証券マンはモテる理由3つ!!手を出すなら社内がオススメ!!

要約すると、社内だと、職場のフィルターがかかってモテやすいってことです。

これはありとあらゆる職場であると思います。

バイト先や職場で、ちょっと仕事ができるだけでかっこよく見えるんですよね。

顔もよくないのにモテるというのはまさにこのパターンがほとんどなのです。

私も会社にいるときはもれなく職場フィルターの恩恵を享受していました

若くてかわいい女の子と毎日飲むことも可能だったわけです。

しかもチヤホヤしてくれるんですね。

今、現在

一緒に働く女性は一人もいません。全く接点はありません。

もし若くてかわいい子と飲みたければ、キャバクラにいくことになります。

そうすると1~2万円かかります。

そこで気付きました。

「週2~3回会社のかわいい子と飲んでたのは、週に15000円×3=45000円ほどの価値があったんだな。」

会社とはそういうシステムなのです。

「飲み仲間、女、カネ、酒。どれも提供するから、言うこと聞いてくれよ。」

それが会社なのかもしれないと思いました。

不自由はしないんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。