与沢翼は詐欺師なのか?

最近話題の人、与沢翼。

ダイエットとか、仮想通貨とかで話題です。

結構賛否両論あるんですけど、今この人の本を読んでいるので、せっかくなので考えたことを書いておきたいと思います。

何で稼いだ人?

もともとアパレル会社で名をはせて、それを辞めて情報商材に流れたみたいです。

この、情報商材っていうのが、詐欺だ詐欺だといわれているんだと思います。

情報商材とは?

情報自体が商品となるもの。

Googleで情報商材って検索すると、ほとんどが詐欺にあいました的な内容です。

まぁ要するに、モノがないわけで、玉石混交なのが当たり前。

正直、参入障壁がゼロということもあり、90%以上は詐欺まがいなものなのも事実でしょう。

今このネット全盛期の世の中で、情報自体はどんな情報も無料に近いのが実情です。

なので、最近では、情報に対して付加価値を付けて販売するのが情報商材の主流になっていると思います。

あれもこれも、実は情報商材?

情報商材的なビジネスモデルをとっている事業はたくさんあります。

一番みなさんに身近なものを紹介していきます。

レベル1 学習塾

みなさま、子供のころ、学習塾にいかれたことはあるでしょうか??

あれも広い意味では情報商材といえると思います。

一番基礎にあたる部分です。情報弱者に情報強者が教えるモデルです。

本屋に行けば簡単に手に入る内容を教えるわけですから。しかも、成果が出るかはその人次第です。

レベル2 ライザップ

これも同じなんです。

30万円という高額にして返金保証をつけているだけです。

最近では英語やゴルフ、料理もやっていますね。

情報商材の共通点は、「誰でも自分で努力すればもっと安く習得できる」ということです。

そして、その分野の情報弱者のみが顧客層となります。

マッチョで痩せてる人はライザップにはいきません。

誰でも調べられて、誰でもわかることを、サービス手厚くして値段も高額にする。

(個人的には、与沢翼が詐欺というならば、ライザップも詐欺なんですけどね。上場企業だとみんな何も言わないですよね。)

与沢翼の場合

グローバルトレーダーズスクールという、投資塾みたいなことやってたみたいです。

30万くらいかかるっぽいです。

ただ受講者の声とかいろいろネットで見るけど、内容はしっかりしているみたいです。

私のイメージですけど、

  • ライザップの場合はアフターフォローと返金保証
  • 与沢翼の場合は個人のカリスマ性

で通常の情報を30万として販売するという、付加価値の違いですので、優劣はないと思います。

ただ本当にものすごい情報量なようで、調べて驚きました。

個人的にはこの人の本も読んで思ったのですが、詐欺ではないと思いますね。

十分な付加価値を提供していると思います。

そもそも論ですが・・・

どんなに詐欺まがいの情報商材でも、買ったほうが悪いと思います。

「すぐに、簡単に成功したい。」

「すぐに、簡単にお金持ちになりたい。」

あなたの中に、こういう「邪念」があるから買ったのではないですか??

すぐに成功できますとかそういう嘘をいうセールストークが悪いのは当然としてですが・・・。

そういう明らかすぎる嘘を嘘と見抜けない人って、お人よしなのではないです。

すごく怠け者で、かつ、欲深い邪念に支配されているなんだと思います。

消費者が賢くなれば、悪いサービスなんて普通に淘汰されるでしょう・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。