出世頭の先輩

前の会社の先輩から電話がかかってきました。

その先輩はすごく仕事ができる人で、出世頭でした。

ただ、頭がいいかというと、まったくそうでもありません

むしろ後先考えず、突っ走るタイプです。バカに近いと思います。

ただ、とにかく頑張り屋で、いつでも全力ですし、負けず嫌いです。

社長表彰は毎年でていました

その先輩のことを思い出し、「組織で抜きんでる人はこういう人だな」というのを改めて思い出したのでメモしておきます。

会社員の人は参考にしてみてください。

戦略家は不要

日本の古い、大きい組織の場合、戦略は上層部が決めます。

なので、考える力は不要なんです。

言われたことを着実に実行できること、しかも、ものすごい速さで実行できること。

こういうことが求められています。

いわゆる、優等生タイプです。

後先考えないほうがいい

自営業の場合は後先考えるのが極めて大事ですが、会社員の場合は逆です。

そういう意味ではルールさえ守れば、あとはあまり考えないほうがいい

失敗もルールの中だったらどんどんするべきです。

そして、悔しそうにしてみてください。

誰かが協力してくれますから。

大きな組織だと、コンプラ的な問題でない限り、失敗しても大丈夫です。

むしろ、頑張っている人が失敗した場合、高確率で再チャレンジのチャンスを与えられるでしょう。

人材こそ財産と考えており、頑張り屋の聞き分けがいい人を登用したいからです。

結果よりも過程

私は証券会社でしたから、結果重視の業界でした。

それですら、結果よりも過程が大切だったように思います。

勢いよく努力していることそのものが、周りのサポートを引き寄せ、結果につながります

(自営業の場合は努力してもしなくても、結果に影響がない場合も多いです。)

ただ大企業だと、あまり結果がでなくても、誰かがどうにかしてくれる確率は高いです。

会社員に倒産はないのです。努力すれば救いの手が差し伸べられます。

出世するタイプまとめ

  • 考えすぎない
  • 猪突猛進
  • 負けず嫌い
  • 根性ある
  • 素直
  • ネアカ

こんな感じです。

参考にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。