新規開拓不要なように、ビジネスをする

どうも~、ちゃったマンです。

今日お客さんと話していて、「なるほどなぁ。」と思ったことを書いておきます。

この考え方は無料なのが悔しいくらい。

お金取りたいくらい大切なことです。

独立や起業をしたい人は憶えておいてください

開拓なくして発展なし!!は嘘!!

私は証券会社で育ったので、新規開拓が命だと学んできました

実際、入社して1年目はず~っと新規開拓。これは大変な作業。でも価値のある作業です。

だからこそ、証券会社は大量採用をして、若手に新規開拓させるわけです。

「開拓なくして、発展なし。」

これが私の中の常識でした。

世の中小企業実態はどうか

しかし、最近はそれに疑問を感じています。

今日お会いしていた社長様も、「新規開拓って開業以来したことないんだよね。」こう仰っていました。

どうやって顧客を見つけるかというと、主に「繋がり」です。

既存の顧客や知り合いからの繋がりなのです。

繋がりは、「紹介や口コミ」と言い換えることもできます。

つまり、「既存顧客の満足度の最大化」+「紹介してもらいやすい仕組み作り」

これだけでビジネスはまわるのです。

保険業や証券業も同じ

実際、保険や証券はそうはいかないだろうと言われます。

そうじゃないんだと思います。同じです。

保険も証券も、「既存顧客の満足度の最大化」+「紹介してもらいやすい仕組み作り」

これさえできていれば、勝手に基盤が拡大していきます

しかも、このモデルのすごいところは、顧客が精査されたうえで入ってくる点です。

自分で開拓しにいくと、顧客の質もいいのか、悪いのかわかりません。

ただ、既存の優良顧客の紹介してくれる時点で、相当に優良な顧客である可能性が上がります。

時間と労力を既存顧客に全力ベットできる

開拓をしないということは、時間が余るということです。

余った時間は既存顧客のために使いましょう。

そうするとますますサービスの質が上がるというわけです。

どうしたらお客様が喜ぶのか、どうしたらお客様の役に立つのか。

それを考えれば考えるほど、お客様の満足度は上がります

開拓をしている間は、一切サービスの質が向上しない点を忘れてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。