ランダムウォーク理論を偉そうに語る人が嫌い

私の嫌いな人種、ランダムウォーカー。

「アクティブ投資は手数料分、パッシブに勝てない。」

まぁまぁ理論的にはそうなんですけどね。

今日はそんな人について書きたい。

ランダムウォーク理論

私はこの本を大学生の時に読みました。

これはこれで理論としては正しいと思います。

インデックス有利。

全ての情報は市場に織り込まれており、何を見つけてもインデックスに勝てない。

理論はそうかもしれない。

それはいいけど、勝ってる人がいるのをどう説明すんだ?

「それは特例!!」「理論的にはありえないから、認めない!」とかいうんだけどさ。

世の中はまだ理論で説明できないことのほうが99%でしょ?

株やってる人ならわかるけど、相場は宇宙より奥深いと思うわ。

勝ってる人が居る以上、勝てるんだよ。

余談ですけど、パチンコやカジノだって、勝ち続けてる人が居る以上勝てるものなのだと思ってます。

マイナスサムとか実は関係ないよ。それは全体論。

私なら、1%が勝ち続けていて、99%が負けているとして、1%になる方法を模索する。

偉そうに言ってますが、まぁパチスロやカジノは私はやらないけどね。

株なんか、それに比べたら簡単だし。

勝てる可能性を追求するのが、やる以上は当然でしょう。

普通の人生じゃ嫌だから相場やってるんだよ。

平均値に終焉するっていうんじゃ、平均値の結果しか得られないんだよ。

追求したものにしか勝ちはない

そして、世の中の富裕層(資産5億以上)は大体、そういう人たちですよ。

これは仕事柄、接してきたからよくわかる。

可能性を信じる人たち勝つまで辞めない人たち。

信じてベットしないと、勝ちはないからね。

理論に沿って、最小限のリスクテイクでしか投資しないような人には、そういうリターンしか返ってこない。

まぁ簡単に言えば、インデックス投資「しか」やらない人は、貧乏人だということです。

インデックスを批判しているんじゃないですよ?

あくまで、インデックスは語るようなものでもなく、人間が呼吸するのと同じくらい、ナチュラルにやるべきこと。

偉そうに内容を議論するほどのことでもないってこと。

迷うんだったらとりあえずやればいいよというね。

要するに使い分け

私もインデックス投資をしているけど、最小限

減らせないタイプのお金でしかやってません。

別にお金はいらないって人は、呼吸をするように、インデックス投資だけやってればいい。

でも、そういう人がアクティブ型の投信とかをいっちょまえにバカにするのはウケる。

投資の何をご存知なのですか~っていうね。

まぁとはいえ、彼らのいうことは実は正しくて、アクティブの投資信託に限ると、ダメなのが多い

投信のアクティブは厳しい

なぜアクティブ投信が儲からないのか。

理由は、手数料だけではない。

むしろ、以下の理由のほうが大きい。

購入手数料も、3%なら知れてる。

信託報酬も長期で持たなければあまり大したことない。

本質は、ファンドの投資の制限が多すぎるから。

  • 投信の決め事に沿って売買しなくちゃいけない(銘柄の数や対象、売買回数に制限がある。
  • 大量の資金が入ってきたら高値でも買わなきゃいけない。(強制的に買わされる。
  • 大量の解約が出たら、安値でも売らなきゃいけない(強制的に売らされる。

銘柄、売り買いに制限がかかっているわけですね。

これは相当きつい。

この条件で投資やれって言われたら、インデックスに勝つのは至難の業だと思う。

あの有名なひふみとかも、お金が集まりすぎて運用きつくなってます。

そういう意味では、私募の、解約に制限がかかっているようなもののほうがいいんです。

機関投資家とかはそういう投信を保有してます。しかも私募投信はローコストです。

まぁ、数億円くらいないと組成しないですけどね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。