今回の地震と東日本大震災と熊本地震

いろいろ不謹慎とか言われそうですけどね。

一応過去の地震の時の株価を振り返ってみたいと思います。

東日本大震災 2011/03/11

これはご存知の通りだと思います。
死者・行方不明者約2万2000人。
私も当時大学生で、ちょうど証券外務員の試験の真っ最中だったです。

地震は余震⇒本震とくる。
3/11の余震は3/9だったそうです。
3/9は宮城県登米市・美里町・栗原市で最大震度 5弱。最大60cmの津波を観測。
余震の段階ではマーケットは全く反応していなかったということになりますね。

熊本地震 2016/04/16

熊本県益城町、西原村で最大震度 7。前震を含めて死者258人
余震本震含めて、ほぼマーケット影響なし。

まとめ

株価としては神経質になりすぎるとよくないかなと感じました。
基本的に下がって動揺したところ売らされると、地震の場合はマイナスに作用しちゃいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。