やりたいことがない人は、金融業界への就職がお勧め!!

ちゃったマンです。

このブログの読者層に、大学生はいらっしゃいますでしょうか?!?!

いない場合は全く無駄な記事になります。笑

まぁ金融に興味ある人は読んでみてください。

私の就活の話

今は会社員ですらない私ですが…

私にも新卒時代がありました

今日は私の就職活動を振り返ってみたいと思います。

これから就活をする人は参考になさってみてください。

就職氷河期

リーマンショックがあったあとの2010年。

当時はかなりの就職難でした。

やりたいことも特になかったです。

なので、とりあえず大学での説明会合同説明会に行っていました。

いろいろな業界の会社が一気に見れるので、比較しやすかったです。

パナソニックの説明会で感じた違和感

今でも鮮明に覚えていることがあります。

パナソニックの説明会で、採用担当者がすごく、自社製品を褒めていたんです。

「うちの商品は、素晴らしいんです!!」

「これを世界に広めて行きたい!!

要約すると、そんなことを言っていた気がします。

それを聞いて、当時冷めた学生であったわたくし、ちゃったマンは、

パナソニックの商品で感動したこと一回もないけどな….」

「iphoneとかならそういう風にいうのもわかるけど…パナソニックのもの全部、普通やん…

「なんか思い込み激しくて気持ち悪いな….」

「でも、こういう風に自社製品好きになれないと、やっていけないんだろうな…

こう思いました。

実際こういう面はあると思います。

そんな感じで、メーカーはやめました。

金融機関

結局、大手企業は銀行と証券会社を受けました

保険に関しては、商品の性質が守りでつまらなそうなのでやめました。

正直、銀行でも証券でも、どっちでもいいと思っていました。

辛かった就活

50社近くエントリーシートを出しました。

面接に進めたのは10社くらいだったかな。

落ちるばっかりです。

その面接も、まぁ落ちる落ちる。

一次面接はパスできても、2次で落ちました。

ほぼ全部落ちていました。

もう、受かればどこでもいい!!

そんな気持ちでしたね。笑

で、たまたま最初に受かったのが大手証券だったというわけです。

入ってみて思うこと

やっぱり、金融は無難だったなぁと。

転職もしやすいし。

メーカー・コンサル・外資系証券や銀行・保険・地銀など、さまざまな転職があります

新卒で入る会社としては、銀行・証券は良いと思います。

特に、やりたいことがわからない人向きですね。

とりあえず、銀行や証券会社でビジネスの基礎を学んでみてはいかがでしょうか

一生働くのは適さない…

ちなみに中身は結構腐りきっています

長く居すぎると、いけません。

あくまで30歳くらいまでに次のステップに進むことをお勧めします。

出世競争は大変ですよ~♪笑

おまけ:給料も悪くない

これも大事ですね。

ITもいいんですが、給料安めなんですよね。

1000万円くらいほしいなら金融のほうがよさそうです。

twitterもお願いします

ちゃったマンです。

気軽にからんでください。

1 個のコメント

  • いつも記事を読ませて頂いています。
    私は大学4年で野村證券に内定が決まったので、新規開拓の方法や証券会社の裏話などを知りたいです。

    これからも記事を楽しみにしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。