【レビュー記事】BNIという異業種交流会に誘われ、参加してきた!!

どうも~ちゃったマンです。

さてさて、今日は異業種交流会の話。

異業種交流組織 BNI

誘われて、参加してきました。

簡単に言うと

30~40人程度の組織の中で

互いに顧客を紹介しあうコミュニティ。

です。

結論から言うと、ターゲットが極端に広いビジネス以外はお勧めできません。

例えば、美容師・ネイルサロン・居酒屋・アパレルなどです。

良かった点悪かった点を整理してみたいと思います。

良かった点

ノンアルコール&昼間である

通常の異業種交流会は酒を飲んでだらだらやっていますから、不毛なことが多いです。

それに対してBNI昼間組織もしっかりしているので、仲良しクラブにならずに済みそうです。

前向きである

当たり前ですが、前向きな人ばかりです。

熱量もかなりのものでした。

私は冷めてるほうなので少し引きました。w

紹介ノルマがある!!←一番重要

この組織の本質はこれだけです。

「紹介に対して、強制力が働いている。」

その場合、参加者はとりあえず紹介の数を稼ぐことになります。

逆に言えば、紹介の件数稼ぎに貢献しやすい業種はメリットが多いです。

居酒屋経営や、オーダーメイドのアパレルなどの人、ネイルサロン肉体改造トレーナー、婚活コンサルなどです。

紹介リスクがない上に、単価が安いからです。

参加者は紹介ノルマに苦しみます。

よって、低単価のビジネスはまず、紹介されます

でも、低単価のビジネスなら、交流会での紹介に頼らずに、既存の紹介で勝手にお客さん入ってくるくらいでないと、だめなんですけどね。

悪かった点

会費年10万円が意味不明

運営側のメリットでしかないです。

10万円払った分、よりレベルの高い人材が集まっているかというと、それは関係ない

むしろ、貴重なマーケットを持っている人や会社は、金払って自分の顧客を他所に紹介したりしないでしょう。

あくまで、低単価のビジネス向きだと思います。

ただ、これはすべてのビジネスに言えますが、、、

でも、顧客満足度が高ければ、既存のお客様のほうが紹介が入りやすいはずなんです。

強制力なんか働かせなくても、今いるお客様に

「この話に興味持ちそうな人がいたら、ぜひご紹介ください。」

この一言のほうがよっぽど質の高い紹介が入ってくる気がしました。

8割~9割は代表取締役という名の貧乏人

暴言ですが、そんな感じしました。

残念ながらそうだったと思います。

〇〇コンサルタント とかいって、月の顧問料取るビジネスモデルとか。

価値あるコンサルティングではないので、お客さん定着しないのでは?という印象の人多かった。

そもそも、いくら同じ交流会だからって、得体のしれない人に紹介したくないです。

紹介先くらい自分で選びますよ!!と思った。

宗教っぽい

自己啓発セミナー的な怪しさを感じました。

まとめ

そんなこんなで、低単価のビジネスやっている人以外はお勧めではないかなぁと。

2時間返してほしいです。笑

まぁ一度、行ってみたらいいと思います。

やっぱり、以前紹介した、「おっとりした人が最後に勝つ成功法則」という本は正しかった気がします。

【書評】おっとりした人が最後に勝つ成功法則 ガツガツしないで稼ぐ秘訣

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。