【勉強になります。】友成正治氏のデイトレ本について

まいど

ちゃったマンです。

最近デイトレばかりしています。

本もたくさん読んだし、4月はほぼ毎日トレードしました

結構上達して、勝率80%くらいになってきた。

あとはもう少し大きく入れるようにならないとな。

で、参考になったのが、友成正治氏のデイトレ本です。

ちょっと古いのが玉に瑕なのですが。。。

そのエッセンスをまとめておこうと思います

本を何冊も出している人ですが、大切なことは2つくらいだと思います。

特別にその二つをこの記事にまとめておきます。

①損切とナンピン

よく、デイトレは損切が大事と言われます。

それは事実ですが、損切はすごく難しい

私も漏れることなく、損切貧乏でした。

そうやって困っているときに、友成正治氏の本と出会いました

目からうろこでした。

損切りと同じくらいナンピンが大事だと記載されていたのです。

あまりナンピンを推奨する書籍はありません。

下手な人ほどナンピンに頼るからです。

「下手なナンピン、スカンピン」とも言います。

ただ、デイトレの場合はナンピンが大切気がしてます。

逆張りデイトレの場合底値を当てるのは非常に難しい

下げ止まった!!と思っても、もう一段ストンと落ちることが多いです。

そんなとき、みなさんどうしますか。

今までだと私は損切していました

しかし、その後上昇することも多いんです。

いわゆる、逆指値狩り的な値動きです。

友成正治氏の本を読んでから、行動を変えました。

逆張りのとき、想定外の下げに対して、ナンピンで対応するようにしたんです。

すると、勝率がすごくよくなりました

負けにくくなったんです。

もし困っている人は試してみてください。

逆ばりデイトレの、ナンピン

意外に効果高いです。

②メンタルの重要性

やっぱり、デイトレはメンタルが大切です。

皆さん、デイトレで株を買う前にある程度、株価のシナリオを描いていると思います。

メンタルが弱い状態だと、そのシナリオに自信が持てなくなります

買った時の根拠に自信がなくなり、手放してしまうんですね。

それでは儲かりません。

強い心を持とう。

心が強ければ、自分のシナリオが完全に否定されるまでは持ち続けられます。

握力が得られます

通常の投資の場合は、メンタルが弱くても、ファンダメンタルズが握力を助けてくれます

ただ、デイトレは根拠がないんです。

ファンダも関係ない

そんなときに頼りになるのは、おのれの心と判断力のみ

心は強く持たないとデイトレは絶対に勝てないでしょう。

とはいえ、場数を踏まないと成長できない

当たり前のことです。

ただ、本を読むことも大事だと思います。

無駄な出費が抑えられます

自分で何か月も失敗して、損失を大きく出して学ぶのか。

1万円もかからず書籍から学ぶのか。

どちらが楽なのかは明らかです。

FXなんかにも通じるものがあるので、短期トレーダーにはお勧めです。

安い本ですので、是非読んでみてください。

GWもおわり

ではでは、おつかれさまです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。