順張り・逆張りの選択と時間軸

どうも、ちゃったマンです。

最近は短期トレードも頑張っています。

一日1%コツコツという精神です。

そんな中の気づきを、メモします。

正しいのかはわからない。

でも私はこれで勝率は相当上がっています。

これが無料で見れるなんて、結構お得なんじゃないでしょうか。

当たり前のことだけど、忘れがちなことです。

投資時間軸別、順張り逆張り戦略

スキャルピング

1ティック~5ティックをコツコツ抜いていく取引。

保有時間は5分未満がほとんどです。長くても15分。

五分足でいえば、5本未満ということです。

順張りが有効。

デイトレード

一日あたり0.5%~3%程度を取る取引手法。

保有時間は15分~5時間。

五分足でいえば、60本未満

逆張りが有効。

スイングトレード

日はまたぐ取引。

2日~1週間くらいが主流。

3%~20%程度を狙っていくイメージですかね。

日足でいうと5本未満

順張りが有効。

中期トレード

1週間以上の時間軸。

最低でも10%以上。2倍以上も狙っていく取引。

日足でいうと10本以上。

逆張りが有効。

整理

スキャ・デイトレ

五分足を基本にして考える。

5本分より保有するなら逆張り。

スイング・中期トレード

日足を基本にして考える。

5本よりも持つつもりなら、逆張り。

注意事項

  • すぐ売るつもりで順張りしたのに長く持ってしまっている

損切や撤退したほうがいい場面です。

順張り逆張りの特徴整理

順張りの特徴

  • 買ってすぐ含み益になる(ならないなら順張りとは言えない。)
  • 含み損による心理ストレスがない
  • 取引が割と忙しい
  • もたもたしてやられると、大きく損失になる

早めの利食い、損切が大切になってくる。

逆張りの特徴

  • 買った瞬間はほぼ必ず含み損になります
  • 含み損のストレスがあります。
  • 取得単価が相対的に低いので、負けにくい

この、「取得単価が相対的に低いから負けにくい」というのは、当たり前のようで、実は忘れがちな事実です。

落ちてくるナイフは拾うなという格言がある通り、コツンの反発が期待できる銘柄を選ぶ必要がある。

反発が期待できる銘柄の発掘法

  • 出来高があり、売買金額上位の銘柄を選定する
  • デイトレードなら日足が強い
  • 中期トレードなら週足とファンダメンタルズが強い

このように発掘しています。

いい方法あれば教えてください。

私は今のところ、デイトレ(逆張り)とスイング(順張り)が多い感じです。

デイトレで参考になった書籍

友成正治氏の書籍

5冊読みました。

デイトレの教室みたいなのやってるようです。

結局デイトレは経験とメンタルなのだなぁということがよくわかる本。

あとは、逆張りの素晴らしさもわかります。

以下の2冊を読めば、大丈夫です。

参考にならなかった書籍

売れてるけど、この本はあまり・・・・。

参考にならなかったです。

みなさんが買わないように書いておこうと思います。

精神論ばっかりでした。

 

現場からは以上です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。