退職の際、人事部と面談したときの日記をここに書き写します

どうも、ちゃったマンです。

 

人事部との面談の時の日記も出てきたので書き写します。

day3

不満しかない。本当に腹がたったので記録しておく。

人事部呼び出しの件

まず疑問なのが、なぜ、私が本社にある人事部まで出向かないといけないんだ。

私は人事部と直接話すことなんてない。

話があるのはあちらなのだから、こちらまで出向くのが筋だろう。

会社辞めるのに、なんで呼び出し食らうのか。まったく意味が分からない。

取り調べ

あれは面談というか取り調べだ。

話で辻褄が合わないところがないか、徹底的に聞き出された。

こちらもある程度想定して質問の答えを用意したのでよかったが。

完全に疑われていたな。

また出てきたのが、プルデンシャル。

そんなにプルデンシャルに行くのが悪いのか??

目の敵にしすぎだろう。

大体、知り合いの人材エージェントに聞いたら、そもそも転職先をいう義務もないらしいし。

何当たり前のように聞いてきてんだよ。

何様なんだよあいつら。腹立つ。

根掘り葉掘り聞いてきて。

人権侵害だろもはや。

職業選択の自由はどこいった。

気に食わない態度

入社10年目くらいの平社員のくせに偉そうにしゃべってた。

まるで自分が会社の幹部社員であるかのような物言い。

あいつの部署なんて、人の評価だけしているところだ。

そりゃあ、出世コースだろうし、社内での将来は確約されているんだろうけど。

あいつら、1円も生み出してない。人の査定しているだけだ。なのに偉そうに。

俺から言わせれば、人の評価なんてコンピューターにデータ打ち込めば終わりだろう。

人の意思を介させるから、おかしくなるんだろうに。

本当に腹が立った。何もしてないくせに。偉そうに。

本当に頑張ってるベンチャー企業には人事部なんてないぞ。

馬鹿野郎。

総じてよかった

辞めてよかった。

あんな奴らが牛耳っている会社なんて、ろくな会社じゃない。

従順だけが取り柄の、稼げない奴らが牛耳る会社。

辞めてよかった。

最高。

もううちの会社は変わってしまったんだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。