会社に辞めることを告げた、当時の日記をここに書き写します②

どうも、ちゃったマンです。

今日も手間が少ないので日記を書き写しちゃいます。

投資には役に立たなくてすみません。

Day2

AM8:00

支店長は意外にあっけなかった。

●●課長のほうがよっぽど疑い深かった。

●●課長は勘が鋭いのだろう。

支店長は

「お前が辞めるというのは相当な覚悟だろうから」と、おっしゃった。

本当に素晴らしい人格者だ。

私は支店長に引き上げてもらい、出世をした。

その支店長を裏切る。

この意味をよく考えなくてはいけない。

恩人を裏切って、前へ進むということ。

考え直せとは散々言われたが。

そのまま会社に残るという選択肢は私にはあり得ない。。。

AM11:00

そういえば、今週末で営業は最後でよいとのこと。

何事もなかったかのように収益を詰めています。

誰のためにもならない、内向きな仕事。

もうやめたんだから。

顧客第一でいいんだ。お客様を一番に考えることを指針にしよう。

「今、目の前のお客様のために、何ができるだろうか??」

これを繰り返す。それが仕事です。

PM15:00

辞めること。

そのことには一切の未練なし。

今思うこと。

それは

「独立して、やっていけるだろうか。」

という不安。

きっと大丈夫。

わくわくしているもん。

すごい楽しくなるよ、きっと。

PM20:00

不安の理由がわかった。

努力をしていないからです。

仕事を辞めると決まり、今できる努力があまりないからだ。

不安をかき消す最大の薬は、努力することだから。

そういう意味では、新しい仕事を始めることができるのが一か月後なので、一か月間はずっと不安なのだろう。

不安とともに生きていくしかない。

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。