「生きた金」と「死んだ金」

ちゃったマン(@haya4ryo)です。

もうブログをサボりすぎて、サボりすぎて。

もう何の内容書けばいいのかも、わからなくなってきております。

不労所得日記、迷走中。

今日は、生きたお金と死んだお金という話をしようと思います。

フリーランスは経費がかかる

さてさて、最近、個人事業主になったおかげで、入る金も出るお金も多くなりました。

出るお金、いろいろあります。

  • 交通費
  • お客様へのプレゼント代
  • お客様との飲食代(カフェや飲み代)
  • システム代(金融業とはいえ、インフラにお金がかかる。)
  • オフィス代
  • 通信費
  • パソコンやタブレット代
  • etc….

こんな感じです。

正直、何がなんだかわからないし、財布のひもが緩んでいる自分もいます。

飲み会で、付き合いで5万円使っても、

「翌日5万円稼げばいいや!!」

とか思ってしまうわけです。

生きた金を使え

そんな中、社会人1年目の上司に言われた言葉を思い出しました。

「生きた金を使え!!」

どういうことかといいますと・・・・。

そのお金、あとから自分の元に戻ってくるのかどうかで判断します。

例えば・・・

  • お客様へのプレゼントや、新たな出会いを生みそうな飲み会⇒生きたお金

  • 同僚との愚痴ばかりの飲み会やキャバクラ代⇒死んだお金

といった具合ですね。

見返りを求めるという意味ではありません

自分だけでなく、人に喜んでもらえるお金の使い方なのか

人に喜ばれるお金の使い方は、生きたお金の使い方だと思います。

使い方を決めれるのは時間とお金だけ

人生は時間の使い方とお金の使い方です。

それ以外にコントロールできることはありません。

  • スケジューリング密にして、実行する

  • お金の使い方を変える

これが人生を変えるコツなのかなぁと、思ったりしております。

煙草・酒・ギャンブルやるなら、その分積み立て投資するとかね。

身近なことからやっていきたいですね。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。