チャラ男から学ぶ、たった1つの簡単な営業テクニック

こんばんは、証券マン(@haya4ryo)です。

先日、面白い番組を見ておりました。

AbemaTVなのですが。。。

指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙 – AbemaTV

という番組です。

とんでもないチャラ男、チャラい男、やり○ンが出てきます。

しかし、わたくし、不覚にも、勉強になったなぁと思いました。

やはりひとつのことを追及している人はよく考えている

すごいです。

今回は、1人でも多くの女と○○xをすることに力を注ぐ男から学ぶ営業の真髄です。

テクニック大発表

チャラ男のテクニック。

それは・・・・

ずばり・・・

最初にヤらせてということです!!

なんじゃそりゃっていう。

解説していきます。

最初にヤらせてという

最初にいきなり、ヤりたいことを前面に出す….!!

「いやいや、引かれるでしょう!!」

頭がおかしいと思うかもしれません。

しかし、違うんです。

これはかなり合理的なアプローチなんです。

理由はいくつかあります。

①友達として見られる可能性がない

友達ポジションになると、s○xまでが遠いんですね。

それを回避できる。

②拒絶しない=ヤれる

「俺は、お前と、ヤりたい」

頭がおかしいくらい直接的。

そこまで直接的にも関わらず、まだ連絡が途絶えない場合は、ほぼヤれるのではなかろうか。

逆に、思いっきり引かれて連絡が途絶えたり、無視される場合。

その場合は、ダラダラ連絡しててもどちらにしても労力の無駄な、固い女性だった可能性が高いんだそう。

なるほどですね。

フィルターにかけているようなイメージです。

③最初のハードルが下がり、その後はプラスギャップしか生まれない

最初に「サイテーな男」というレッテルが貼られます。

しかし、その後についてはちょっと優しくしただけでプラスギャップです。

「あれ?いい人なんじゃない?」となりやすいんですね。

こちらが主導権をもって、揺さぶりをかけやすいんだそうです。

このテクニックを営業に応用すると

営業マンもチャラ男のテクニックは応用できそうです。

これはすごく簡単なことなんですが。。。

最初に買って欲しいことを示す!!

これに尽きる気がします。

この理由について解説した以前の記事がありますので、読んでみてください。

したの記事の、「Q.私押しが弱いんです」を参照してください。

【営業マン向け】新規開拓営業のコツ・極意 part1

押し売りとの違い

しつこいのは押し売りです。

でも、買ってくれって爽やかに言えば言い訳で。

「無理に買っていただく気は一切ございませんので。」とちゃんと伝えるべき。

その上で、買って欲しいこと、その理由を聞いていただけるのであれば、お話しすると。

恋愛も営業も、しつこいのが一番最低だと思います。

しつこい男はモテないぞ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)