ソニー生命のスカウトを受けた話 part2

どうも、ちゃったマン(@haya4ryo)です。

めったにみないアクセス解析を見たところ、

「ソニー生命」

に関する検索で入ってきている人が多いことが判明しました。

みんな、スカウトされているんだと思います。

よって、ソニー生命で働くのは、実際どうなの?part2を書きます。

まずは”part1″をチェックしてくださいね。

ソニー生命のスカウトを受けた話 part1

年収について

概要

3年目からフルコミッションとなります。(完全歩合制)

平均年収は1100万ほどだったかと。

人数的にも、1000~1500万の年収の層が最も多い結果になっていました。

継続手数料という仕組み

初年度に取った報酬の、1/6が2~7年目に支払われる。0.3%が8年目以降に、保険契約が続く限り支払われる。

8年目以降は、証券会社で言う代行手数料のようなイメージだなぁと理解しました。

既契約500世帯を10年くらいかけて目指していくイメージだと理解しました。

週2件くらいは契約を取らないといけないでしょう。

顧客発掘について

見込み客の種類

  • 学生時代の友人関係
  • 仕事関係の友人知人
  • 家族関係の友人知人
  • 趣味や地域活動の知人友人
  • 親族関係
  • 日常生活の関係の知人

などをカテゴライズして、見込み客を発掘する。

今知っているほとんどの人に対して、営業をかけると思っておいたほうがいい。

保険に既に入っている人の方がよい

保険に入っていない人は、保険嫌いの可能性が高い。

むしろ、入っている人を狙うようでした。

大体、保険なんて付き合いで適当なものに入っている人が多いのです。

そういう人に、本当の意味でベストな保険を提案するんです。

入っているけど、「無駄なものや悪いもの」に入っている人に、よりよい保険を提案する。

そんな仕事だと。

私をスカウトした所長さんは、それを「世直し」のようなものだと言っていました。

不老不死の魔法の水

ソニー生命では、自社商品を、「不老不死の魔法の水」とたとえていました。

そんな素敵な水があれば、どうしますか。

まず、一番大好きな人に勧めますよね?と。

そんな素敵な商品なのだから、身内に薦めるのは当たり前という考え方なのです。

ある意味、理にかなってるような気もします。

私が当時、転職に踏み切れなかった理由

私はソニー生命、会社としては好きでした。

好きな点

  • フルコミッションの給与体系
  • ストイックな社風

この二つでした。

問題は好きになれなかった点。

主に以下の3つです。

①保険商品そのものの必要性を理解していなかった

当時は子供もいなかったので、保険の必要性を理解できませんでした。

最低限でよいという考えでしたので、それを毎日売り歩くことに対してどうしても前向きに考えられませんでした。

②友人に営業をすることへの嫌悪感

やっぱりここも大きかった。

どうしても、イメージできなかったです。

友達に営業する自分の姿を。

③フルコミッションへの恐怖

なかったかといわれると嘘になる。

やっぱり怖かったのかも。

まとめ

総じて素晴らしい会社だと思います。

プルデンシャルほどのイケイケ感もないけど、ストイックという。

ご興味ある方は是非話を聞いてみたらよいと思います。

ご参考:part1と同じ転職サイトの紹介

転職サイトをいくつかご紹介しておきます。

マイナビエージェント

王道ですが間違いない感じですよね。

会社数も多いです。

みんな登録すでにしてますよね。

もししてない方はとりあえず、下のリンクから。



キャリコネ(by株式会社グローバルウェイ)

株価がストップ高して話題です。(2018/04/19)

会社の口コミ評判もセットで使えることで、失敗のない転職をサポートしてくれます。

転職エージェントは、転職させることばかりに注力されて、会社との相性を軽視されがちです。

口コミが事前にわかると、いいですよね。

以下のバナーからサイトに飛べます。


 【DYM就職】by 株式会社DYM

ちょっとマイナーな会社です。

ここは今の会社が悪かったりフリーターの方でもサポートしてくれます。

自分のキャリアがいま自信がない方はこちらがよいかもしれません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。