大企業の抱える多くの「無駄」について、もの申す!!

こんばんは、証券マン(@haya4ryo)です。

会社を辞める計画は着々と進んでおります。

まだこのブログに何も書けないけど、楽しみにしていていただけるとうれしいです。

大企業暦7年

わたくし、新卒で入った会社が大手証券会社。いわゆる大企業でした。

大きい会社でしか経験がないのですが、、、

だからこそ、大企業についていろいろ思うところがあります。

退職に向けて今日は、大企業で感じた違和感をここに残しておきたいと思います。

オフィスの無駄

私は大手証券会社の都内のとある大型支店にいます。

その支店には、馬鹿でかい部屋があるんです。(70人入る。)

しかし、その部屋は普段は使っていません。

月に数回、セミナーなどがないと使わない部屋なのです。

そのスペースでどれだけの家賃がかかっているのかと考えると、吐き気がしてきます。

セミナーなんて、どこかを借りてやればいいのではないか….

そもそも、今、どんどんプライベートバンク的なビジネスに舵を切っている中、セミナーは必要だろうか….

セミナーは小口客の発掘や宣伝効果がキモであり、大口志向のプライベートバンクとは異なる方向性….

謎の二面性の経営戦略….

社用車の無駄

これも謎なのですが….

私を含め、ほとんどのセールスが電車orタクシーで営業をしています

時間効率的に、それが一番いいからです。

都内のターミナル駅の駅前の店になると、渋滞などがあって、車は使い勝手が悪いんです。

駐車場からの出庫も時間がかかります。

にもかかわらず、

支店に7~8台の営業車があります

田舎の店舗ならわかるのですが、東京のど真ん中で、車は不要な気がします。

出来るセールス程、車はあまり使っていません。

車代はもちろんですが、駐車場代考えるとさらに恐ろしい気がします。

社員の無駄

いろんなタイプの無駄な社員を多数抱えています。

ここでタイプ別に解説します。

窓際系おじさん社員(推定1割)

若いときから仕事が出来なかったが、隠れるようにして過ごしてきたタイプ。

怒られても、基本は響かない。メンタルが強すぎるのが特徴。

基本的に、ストレスを我慢して金に換えるという不思議すぎる発想。

40歳すぎると、転職もできない為、年下上司に怒鳴られるという悲惨な人生になる。

大量採用の弊害若手社員(推定2割)

簡単に言うと、窓際おじさん予備軍。

窓際おじさんになるか、辞めるかしか道はない。

解説します。

直近の好景気で、金融機関は大量採用をしております。

しかし、教育体制が整っていない上、証券会社を勘違いしている若者が多い為、辞めることが多い。

いや、違う。

辞める人はまだいいのです。

やっかいなのが、働かないくせに、すぐにやめない社員。

無駄に精神科で診断書などをもらってきて、1年間ほど休職したり、人事部付けでやりすごしていたりする。

その間の給料は誰が払っているのでしょうか。

会社も会社で、そういう人を適当にやりすごして、退職させないことが、窓際系おじさん社員に育ててしまっていることに気付かないのでしょうか。

鬱病寸前でも気合で復活した私の記事を見て欲しいです。笑

【証券会社の実態】メンタルがボロボロになり、精神科に通いつつ仕事してた話

冗談はさておき、仕事が合わない人は他の仕事に行くのが正解なんです。

それなのに、無駄に甘やかしたり、延命みたいなことをして、無駄に離職率を下げようとするから、問題が大きくなるんだと思います。

離職率が低い=いい企業

だなんて、世の中の評価軸も頭いかれてます。

人材マーケットは流動性が高いほうが雇用主も労働者も幸せになれます

スリム化して本当にお客様のためになる仕事がしたいですね

今、メガバンクは急にリストラに動いてます。

銀行員(金融マン全般)大失業時代がくる!!

AIとか、これからの話はもちろんですが、、、

そもそも普通に無駄を省いていくって言う、当たり前の作業をあまりにも出来ていないのが、大手金融機関なのではないかと思います。

全てが異常だと思います。

この業界。

愚痴みたいになっちゃったなぁ。

いい会社ではあるんだけど、仕組み的に無理があるのかなと思います。

異常です。

 

あ、間違えた。

以上です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)