証券会社を辞める若手について思うこと(今年度で支店で5人目)

こんにちは、証券マン(@haya4ryo)です。

最近、辞める若手がめちゃ多いです。

辞めること自体は全く悪くないのですが、あまりに勿体無いと思う辞め方も多いんですね。

今日は証券会社を退職することについて語りたいと思います。

最近辞めた5人をパターン分けしてみました。

パターン1 パワハラの餌食になる

この場合は上司や先輩が悪いので、辞めても仕方ないと思います。

うちの、会社くそだなーと思うときはこのパターンですね。

仕事ができるとパワハラも許容されちゃいます。

パターン2 思ったよりキツイ!!こんなはずじゃなかった退職!!

仕事についてそこまで本気でもなく、結婚が目先の人生で1番大事な女性とか。

仕事をそこまで頑張る必要ないでしょ、アフター5と土日が命の男性。

このへんも、証券会社は合わないと思うので辞めて正解だと思います。

余暇を楽しむ生き方も立派です。私は大いに賛成です。

逆に証券会社はやたら野心家が多いですからね。

暑苦しいし、鬱陶しく感じると思います。

パターン3 真面目で思い詰めすぎる←これが問題

私がよくないなと思うのは、このパターンです。真面目くん系。

かくいう私もこのパターンでした。

何回も辞めたくなりましたが、ギリギリ耐えて今に至ります。

詳しくは以下の記事をみてください。

【証券会社の実態】メンタルがボロボロになり、精神科に通いつつ仕事してた話

でもね。

このパターンでも、仕事ある程度できるようになってから辞めるならいいんです。

問題は、このパターンで、仕事もろくに覚えずに辞める場合です。

真面目で考え込みがちなので、辛さを2倍3倍に増幅するんですね。

いわゆるメンタル弱めな人。

私もメンタル弱いです。

とはいえ、最近は1年目からは激しく詰められません。

せっかく、マーケットに勤務時間中も向き合える貴重な職業なのに、もったいないと思います。

金もらいながら、株勉強できるんだよ?!?!

こりゃすごいですよ、本当。

私は、株式投資の知識は、世の中でも相当価値のある内容であると確信してます。

仕事の内容がある程度わかり、業務の本質に少しでも首を突っ込んでから辞めたほうが、今後のキャリアのためにも良いと、思うんですよね。

知識もつかずに辞めるんじゃあ、本当なんのために入ったかわからないですよ。

あとは、自分についての理解もそうです。

自分のこと、理解してます?

何が得意で、何が苦手で。

武器はなんなのか。

まわりの営業マンとの違いは何か。

目上の人にはどう見えてるのか。

後輩からどう見えるのか。

そういうことを、理解した上で辞めるべきだと思うんですよ。

そりゃあもちろん、体調に支障をきたすならすぐに辞めるべきですけど。

そこまでの人いなかったですね。

話すとわかるんですよね。

自分が辛かった方なので。

「向いてない」って転職するのは簡単ですが、向いてるかどうかなんてそんなすぐにはわかりませんし。

証券会社リテールの楽しみは提案の多様性だと思います。

株式も投信も債券も、銘柄は無数にあります。

デリバティブだってできます。

そこに至らないのに、新規開拓が辛いから辞めるっていうのはあまりに短絡的すぎるなぁと。

今時、あんな古典的な開拓してて、辛くないわけないよ。

あれは精神の修行だと思ってやったほうがいい

開拓なかなかできなくても思い詰めちゃダメ。

新規開拓に頭脳を使う要素は少ないですからね。

開拓したお客さんに、いろいろな商品を買っていただきながら、商品勉強する。

そのあと、引き継ぎなども入り、より多様な商品に、触れていく。

マーケットのこともわかってくる。

そうなってから辞めてほしいなぁと。

向いてるかもと思う人がどんどん辞めるので、悲しいと思う今日この頃でした。

ではでは~。明日も頑張りましょう。

2 件のコメント

  • > 開拓したお客さんに、いろいろな商品を買っていただきながら、商品勉強する。

    金融庁ですら証券会社の「回転売買」に苦言を呈していますよね。
    資産を増やすのであれば、信託報酬額の低いインデックスファンドに中長期的に投資すればよいわけで、
    退職した皆様は「自分はお客さまを騙しているのでは?」と気づいたのではないでしょうか?

    • 最近は本当にコンプライアンスにうるさくて、若手は投信の回転売買なんて全くやってないです。

      2年目とか3年目で、お客様を騙すような回転売買みたいな取引、会社としても、業界としても一切求めていませんし、必要になる場面すらないと思います。少なくとも私の職場では。騙すとかではなく、その前提にすら立ってなくて、逃げてる子がもったいないってことを言いたかったんです。

      良心の呵責を感じて辞めるなら、そんなにすばらしいことないと思いますよ、私も。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)