今週の相場下落から学んだ、たった2つの大切なこと(ただの備忘録)

こんばんは。証券マン(@haya4ryo)です。

私は、自分の資金で、投信を使ったインデックス投資などは結構やってました。

しかし、個別株かつ高ボラ銘柄を手がけるようになってからはまだ1ヶ月です。

赤ちゃん同然です。

忘れないようにいくつかの教訓を書いておこうと思います。

未曾有の事態だろうと、買った当初決めた損切りラインは、変えない

相場が暴落すると、かなり逃げたくなります。

本当にパニックになるんですよね。

証券マンなのに情けないですが。

でも、そういうときこそ、ルールが大切になるような気がしてます。

①決めた損切りの値段よりも下がったら売却。その値段は暴落前も暴落後も一切変えない!!

コレを死守するのは一番大切。

相場に居ることを続ければ、挽回のチャンスはあるんだから。

いったん撤退するのも大切。

「非常事態だから、損切りせず、塩漬けにする」

コレは厳禁。損切りして出直すのが吉。

そしてもうひとつ。

②決めた値段より下がらなければ、売却しない!!

コレも同時に大切だと感じた。

いや、こっちが難しい。

つい、逃げたくなる。

暴落して地獄絵図のときは、ほんの少しの利益でも利益取りたくなる

弱気になって、撤退したくなる。

でも、これはぐっと耐えたほうがいい。

みんな利益取りたいはずだし、逃げたいはずなのに、想定損切りラインを下回っていないんだから。

明らかに売り圧力の少ない銘柄なんだ。

こういうのは大切に持っておく価値がある。

相場が平常運転に戻ったとき爆騰する可能性がある。

さてさて今月は

9日に北朝鮮越えて

不安定な今月乗り切れば、

月末配当取りです。

高配当かつ超割安、上昇トレンドの銘柄ってゴロゴロしております。

丁寧に安いところ拾って、月末までに売却していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)