北朝鮮動向などのイベント予想する投資手法は、信用するな!!

こんにちは、証券マンです。

私がよくお客様にお話する内容をそのまま記事にします。

9/9の建国記念日に、北朝鮮がミサイル発射するので、ダブルインバースを仕込みましょう!!

こんなことを言う人、結構います。

こういう人は基本的に思い込みが激しいと私は思っていて、信用していません。

理由は2つあります。

そのイベント予想が当たるかわからない

今回の場合も、ミサイル発射するかわからない。

そりゃそうです。刈り上げにしかわかりません。

イベントが起きたとして、上がるか下がるかわからない

発射したとしても、株が下がるかわからない。

前回の発射とのきは、米国のマーケットは下がりませんでした。

この2つが主な理由です。

もう少し具体例を書きます。

トランプ氏が大統領になったときのことを振り返って見ましょう。

トランプ氏になれば、株安 

クリントン氏になれば、株高

これがコンセンサスでした。

確かに日本市場はそのように反応しました。

しかし、蓋を開けてみれば、ニューヨークはその逆。

株高にふれましたね。記憶に新しいです。

そのあとから、強烈な株高相場に移行していきました。

あのときは、「クリントン氏の勝ちに賭けて、日経レバを仕込む。」という人が大勢いた。

イベントの結果は予想が外れたのに、結果オーライで儲かったという不思議なパターンでした。

予想を外して、儲かる。ただの運ですね。

クリントン氏になっていたら、株安だったのか??

よくこんなことを考えます。

これは確認のしようがないので、想像ですが、

答えはおそらくNOです。

同様に株高で反応したと思います。

相場とはそういうものです。

同じ事象が起きても、時と場合と相場の雰囲気によって、上がることも下がることもあるんです。

それだけ、相場っていうのは心理的な面が強いと言えると思います。

雇用統計がなんかもそうですよね。

悪くても上がったりします。

なので、私は、相場の雰囲気やテクニカル、ファンダメンタルズを総合判断すべきと思います。

イベントに掛けるのは、胡散臭いと思ってしまいますね。

信頼できる外務員を見つける際の、ご参考にしていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)