【株を買おう】血を吐く想いで稼いだ手数料の行き着く先は….

今日は手数料どうなってんだ!!!!

毎日詰められてます。証券マンです。

詰められて稼いだ手数料、誰のためになってるんだろうってふと思ったんです。

そしたら、答えは簡単。

株主の元へ行くんですね、、、

今日はそんなお話をします。

金融機関はランキング大好き、競争大好き

○○支店3位、□□支店2位、△△支店1位!!

金融はランキング大好きです。

競争に命かける人種の集まりです。

つまり、どこまで稼いでも終わりはないわけです。

1位なんてなかなかなれないのだから。

永遠と稼ぎ続ける。競争し続けるのです、

資本主義社会である以上仕方のないこと

そうなんです。

営利企業なのですから。

どこまでも利益を追い求めるのが正しい姿です。

仕方のないことなのです。我々は稼ぐ義務がある。

でも、稼いだ手数料どこいった??

人件費、設備投資、運営費用などなど。

我々が血と汗を流して稼いだお金は、さまざまなことに使われます。

それはすばらしい事です。

もちろん、業績がよくなれば、給与も上がったりします。

ボーナスだって、はずんでもらえるかもしれません。

でも、純利益が2倍になっても、われわれの給与は2倍にはなりません

余ったお金と株主還元

稼いだお金でさらに利益を上げることが難しいのであれば、企業は株主還元をします。

一般的に、

  • 成長力の高い企業は、株主還元をせずに、投資をします。(さらに売り上げを伸ばすことができる場合。)
  • 成長力が低く、安定した企業は株主還元にまわします。(売り上げは急激に伸ばせないが、安定した利益が出る場合。)

そして金融機関は後者。高配当な会社が多くなっています。

金融機関って、配当やら自社株買いやらしますよね。

散々詰められて稼いだ手数料、結局投資家の元へいっています。

会社員全員、株主のために一生懸命働いて付加価値を生み出している

当たり前のことですが、そういうことです。

そんな、みんなの一生懸命を、簡単に教授できる方法って、ひとつしかないです。

「株を持つ」

簡単なことです。

株式投資=投資金額分だけ、誰かが働いてくれる

こんなすばらしいことって、あります?

だから、どんどん株式投資するべきです。

そして、初心者は投信の積み立てから。

初心者向け 超簡単 積立投資を始めるためのたった2つのステップ 実践編

金融株を推奨しているのではないので悪しからず。

あくまで、投資をしないのはバカなことだと言っているだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)