荒稼ぎ証券マンは悪人ばかりなのか?!?!

先日の記事で、悪人呼ばわりされてる証券マン(@haya4ryo)です。

顧客本位がなんとかとか、フィデューシャリー・デューティーがなんとかとか、言われてね。

ふざけんなと。

こっちは乳飲み子と嫁を養わなあかんねんぞ。

チビチビとノーロード投信買ってる奴とかな。

長期投資とかいって、ぜんぜん利食わんやつとかな。

声を大にして言いたい。

あなた方の言う通りでございますっ!!

(得意の土下座)

(自分の資産はノーロードインデックスファンドをドルコスト平均法で積み立ててる。。。)

本音と建前

正論言われると苦しいっす。カナシクナルヨ。

でもね、うちの業界の人間って、案外、人間的に情に厚くてすばらしい人が多いんです。

今日は「何故、未だにこんな仕事をやっているのか」について話をしたいと思います。

別に、自分の仕事を正当化したいわけではないです。

ただ、中はこんな感じですよっていう、ただそれだけの記事です。

平和な日本において、異質な戦場で暮らす我々

私の職場は戦場。

稼ぐか、殺されるかの二択。

どのくらい戦場なのかはこの記事を見てください。

ブラック?激務?証券マンの実態お伝えします 昔の朝会議編

上司とも顧客とも真剣勝負です。

殺るか、殺られるか。

殺られるまえにやるんや!!

リアルに、数字あげないと、精神科送りにされます。


「辞めたらいい」

みんなそういいます。

でも、、、

やめたら、仲間たちはどうなりますか

みんな病院送りにされちゃいます。


全く適切ではない、例え話をします。

戦争にいった戦場で、

「やっぱり戦争は悪いことだから、帰ります。」

こんなこという奴、信用できないですよ。

そりゃ正しいし、賢明な判断かもしれない。

でも、信用は出来ない。

そういう人にお金をたくそうとは思いません。

正しい正しくないとか抜きにして、、、

今近くに居る人を守れる人が、信用できる人。

私はそう思います。

もう戦場にいるわけですから、今、周りに居る人を守らなきゃいけないんです。

私は上司である次長、後輩である課員8人を守らねばならないんです。

既に仲間なんですから。

彼らも人間的に素晴らしい人たちです。

だから、私が守らねばならない。

だって、ずっと、入社してから今も尚、社内の誰かに守られてるんですもん。

守ってもらった分、誰かのこと守らなきゃいけないと、私はそう思います。


また、戦場に居ないと学べないこともあります。

戦場ならではの

喜び

痛み

苦しみ

葛藤

30歳までにそういった経験をしたわけです。ある程度の自信になります。


死ぬまでやれる仕事ではないと思ってます。

でも、若い今なら、糧に出来ると思います。


また、戦場から帰った土日は、妻と子供にものすごく感謝できます。

掃除も洗濯も料理も、私が進んでやる気になったりします。

戦場の苦しみに比べたら、天国ですもん。


ってことで、私は明日も戦場に繰り出します。

私「アップル好決算でましたあああ!!!!利食いましょおおおおう!!!!」

私「次のご提案は用意してありまあああっすっ!!!!」

お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)