1億円の純増の大商いが、お客様の人生を狂わせた

「人を3人殺して一人前」

昔の証券マンを表す言葉です。

最近では、自殺しなきゃいけないくらいの資金を投資する人は居ません。

とはいえ、資産の大半を証券会社に預けてる人って、まだいるんです。

今日は私が、過去、人生を狂わせてしまったお客様の話をします。

若手証券マン2年目

仕事にも少しだけ慣れてきた頃。

新規開拓に加えて、休眠口座を担当するようになりました。

当然、予算がついてきます。

まだストレス耐性もなく、上司に怒られるのが辛かった。

鬼上司「お前、100万とか200万とか小さい数字ばっかり販売しやがって。そんなん意味ないからな。」

鬼上司「5000万、1億とってこい。出来るまで帰ってくるな。」

鬼上司「今のお前は給料泥棒や。赤字社員が。」

鬼上司。「先輩に『ご飯食べさせてもらってありがとうございます。今月は必ずいただいている給与分働きます。』とお礼言え!!」

こんな調子でした。

とにかく怒られないために仕事してた気がします。生き残るために。

相場も最悪

当時は日経平均9000円程度の時代。

「日本株なんて上がらない。」

「人口も減るし円高。どんどん下がっていくに決まってる。」

そういうお客様が多かったです。

債券系の商品が売れ筋という時代でした。

M様との出会い

M様は休眠顧客でした。株式を一億円程度保有していました。当社ではほぼ商いなし。

残高が大きかったこともあり、過去の担当者も電話や訪問をしていました。

しかし、アポイントも取れず、訪問してもドアを挟んでの会話のみで、難しい先でした。

私も訪問してみましたが、やはり玄関ドア越しの会話。

「何もやる気、ないから。」

この一点張りでした。

M様と打ち解ける

3ヶ月程、通っていた後です。

暑い日でした。

ある日突然、ドアが開いたんです。

「暑いし、冷たい飲み物あげるよ。」

その日から、玄関ドア越しの会話が、玄関の中での会話になりました。

M様の悩み

M様はあまり友人なども多いタイプでないようでした。

株式も、昔の数少ない友人に勧められて、親の遺産で購入したものだそう。

しかし、その友人とも縁が切れていました。

M様「相場が悪いので、株がみるみるうちに下がって困る。」

そうおっしゃいました。

そこで、私は、為替ヘッジつきのハイイールド債のファンドを提案しました。

私「これであれば、大きな値上がりは見込めませんが、値下がりは回避できます。」

私「加えて、年5~6%の安定収入が見込めます。」

・・・・・・・・・沈黙・・・・・・・・・

M様「あなたを信じてみようかしら。」

こうしてうれしい、大きい商いが決まりました。

2年目での大商い

そんな運のよい商い。

日本株1億円売却し、投信1億円購入という商いが決まりました。

支店に帰ると、上司も誇らしげに喜んでくれました。

鬼上司「うちの○○がやりましたよ!!純増1億円!!手数料500万円!!」

支店でも拍手が起こりました。

鬼上司「やったな!!○○!!お前が初めて動かした客だ。えらいぞ。」

私(これが、やりがいってものか・・・・確かにこの喜びは他では味わったことがない。ゾクゾクする。仕事楽しいかも!!)

しかし、この後、相場が変わり、M様と私の関係は泥沼と化すのです。

アベノミクス始動!!日経平均が15000円まで駆け上がる

相場が好転しだしました。

日経平均が連日上昇

本来、証券マンであれば喜ぶべき相場上昇。

しかし、私はおびえていました。

債券型ファンドばかり取り組んでいたからです。

証券マンにもかかわらず、上げ相場に全くついていけていなかったのです。

おびえてる中、やはり、それは起きてしまいました。

M様、ブチ切れる。

M様から電話が入る。

M様「売却した株、どんどん上がっていくじゃない!!あなたに騙された!!株に戻して!!今頃、株だったら2億近くになってるわよ!!」

私「一度売った株は戻すことは出来ません。相場についていくのであれば、債券型のファンドを売却し、株式型にして挽回しにいきましょう。」

M様「あなた私のお金を何だと思ってるの?いい加減にして!!前回失敗したあなたの言うこと聞くわけないじゃない!!あなたと関わると、どんどん不幸になる!全て銀行に振り込んで頂戴!!この詐欺師!!訴えてやる!!」

結局、投信も売却されて、出金になりました。

M様からはその後、変な文章が送りつけられてきたり、電話がかかってきたりしました。

会社としてもやり方が悪質なクレーマーとのことで、口座廃止をすることになりました。

一度は信じてくださったM様。

しかし、結果としては私が関わったせいで、本来得られたはずの1億円を手にできないことになりました。

投資は自己責任、とはいえ….

何が起こるかわからないのが相場の世界です。

私の言うことを聞いて資産を2倍にした人も居れば、半分にした人もいる。

M様からはかなり悪質な嫌がらせが続き、私は当時ストレスで胃が荒れて、口臭がきつくなっていました。

「会社辞めようかな。」

「転職活動する気力ないな。とりあえずやめるしかないかな。。。」

そんな中、異動発表があったんです。本当によくできたタイミングでした。怖いくらいに。

 

ってことで思い出話でした。

久々長文。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日系大手証券会社を退職→フリーのアドバイザー。要するにフルコミッション営業職。株大好き。不労所得を年1000万作りたい。不労所得、金融リテール営業、筋トレ、自己啓発についてのブログを書いています。